Newsweek

大場正明

映画の境界線

北マケドニアの自然養蜂家の女性を追うドキュメンタリー『ハニーランド 永遠の谷』

2020年06月25日(木)18時30分
    北マケドニアの自然養蜂家の女性を追うドキュメンタリー『ハニーランド 永遠の谷』

    アカデミー賞で初めてドキュメンタリー映画でありながら国際映画賞にも選ばれた『ハニーランド 永遠の谷』

    <北マケドニアの山岳地帯で自然養蜂家の女性をカメラが追うドキュメンタリーは、リアリズムを超えた空間を切り拓いている......>

    北マケドニアで作られたリューボ・ステファノフとタマラ・コテフスカ共同監督のドキュメンタリー『ハニーランド 永遠の谷』は、各国の映画祭で受賞を重ね、アカデミー賞で初めてドキュメンタリー映画賞部門だけでなく、劇映画と肩を並べて国際映画賞(旧・外国語映画賞)部門にノミネートされたことでも注目を集めた。

    その舞台は、北マケドニアの首都スコピエから20キロほど離れた山岳地帯にある電気も水道もない村。主人公の女性ハティツェは、他の住人がみな去ってほとんど廃墟と化したその村に、病気で寝たきりになった老母と暮らしている。彼女は代々受け継がれてきた自然養蜂を営み、収穫した蜂蜜を自分でスコピエまで売りに行き、その収入で質素な生活を送っている。

    だがある日、7人の子供を育てる遊牧民の夫婦が牛たちを引き連れて現れ、村に落ち着く。ハティツェは子供たちと仲良くなり、一家を受け入れていく。一家の主フセインは、ハティツェの仕事に興味を持ち、指導を受けながら養蜂も始めるが、やがて一家の行動が、自然と深く結びついたハティツェの生活を混乱に陥れていく。

    撮影を進めている間に、想定外の出来事が起こるドキュメンタリーの醍醐味

    ドキュメンタリーの醍醐味のひとつは、筋書きのないドラマだといえる。作り手が企画や撮影を進めている間に、想定外の出来事が起こり、それに対応し、掘り下げていくことで深みのあるオリジナルな作品が生まれる。本作はまさにそれに当てはまる。

    リューボとタマラのコンビは当初、マケドニアの中央部を流れる川をテーマにした作品を構想し、リサーチを進めていた。そんなときに、これまで環境問題に関わってきたリューボに、スイス開発協力庁(SDC)が立ち上げた自然保護プログラムを通じて、養蜂や蜜蜂の重要性に関する作品を作る話が舞い込む。マケドニアの辺境に伝統的な養蜂を営む人々がいることを耳にした彼は、現地を訪れ、ハティツェに出会った。

    この監督コンビは、最初から養蜂や蜜蜂に強い関心を持っていたわけではない。彼らがハティツェという人物とその境遇に惹きつけられなければ、この企画もどうなったかわからない。

    筆者は、そのハティツェが使う、持ち運びもできて固定もできる網籠のような養蜂箱をどこかで目にした気がし、調べたら、ルーシー・M・ロングの『ハチミツの歴史』に挿入されている図版であることがわかった。それは昔の養蜂を描いた絵で、中世の養蜂箱と説明されていた。

    oba0625b_.jpg

    『ハチミツの歴史』ルーシー・M・ロング大山晶訳(原書房、2017年)

    著者のロングは同書の冒頭で、蜂蜜について以下のように書いている。


    「ある意味で、ハチミツは文明と『自然』との懸け橋になっている。産業化された食品システムが支配する現代世界から、私たちをより自然に近いオーガニックな生活へいざなってくれる、と言ってもよい。そのような生活を送れば、私たちは文化の多様性や過去からの経験や知恵にもっと触れることができるだろう」

    ハティツェと出会ったコンビは、そんな作品を作っていたかもしれない。ところが、フセインの一家が現れたことで、そこにまったく違うドラマが生まれる。

    プロフィール

    プロフィール

    大場正明

    評論家。
    1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
    ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 3

      金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人を処刑

    • 4

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

    • 5

      「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

    • 6

      関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

    • 7

      EVで世界トップに上り詰めたテスラ、新たな電池戦略 …

    • 8

      トランプのWeChat禁止措置、連邦地裁が仮差し止め命令

    • 9

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

    • 10

      ネットフリックス配信映画『キューティーズ!』がま…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 3

      「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

    • 4

      韓国の世代間格差と若者の怒り

    • 5

      水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

    • 6

      EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

    • 7

      拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

    • 8

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

    • 9

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 10

      親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

    • 3

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 4

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 5

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 6

      中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

    • 7

      撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

    • 8

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 9

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    • 10

      太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と