Newsweek

パックン(パトリック・ハーラン)

パックンのちょっとマジメな話

トランプ米大統領が再選されるワケ

2017年12月26日(火)11時40分
    トランプ米大統領が再選されるワケ

    トランプはハートをつかむ達人(写真は米軍のサンタ追跡に関して子供たちからの問い合わせに応じるトランプ) Carlos Barria-REUTERS

    <16年大統領選では見事に予想を外した僕だけど、有権者のハートをつかむトランプの作戦を見てみると......>

    Learn from Your Mistakes(失敗から学ぶ)が僕のモットー。2016年11月に決めた。

    プロフィール

    プロフィール

    パックン(パトリック・ハーラン)

    1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

    本誌 最新号

    特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

    「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

    2018年7月24日号  7/18発売

    人気ランキング

    • 1

      米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにアメリカ騒然

    • 2

      キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッションバトルを考察してみた

    • 3

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

    • 4

      1歳の被告が哺乳瓶抱え出廷 こんなことがアメリカ…

    • 5

      ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

    • 6

      罰金690円也! モスクでセクシーダンスをした中国…

    • 7

      「墨かけ女子事件」は中国民主化運動に発展するか?―…

    • 8

      末永く幸せな結婚生活を望むなら、「これ」はねだるな

    • 9

      金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

    • 10

      「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

    • 1

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

    • 2

      金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

    • 3

      美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

    • 4

      金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

    • 5

      タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

    • 6

      オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

    • 7

      世界の海洋プラスチック廃棄物の9割は、わずか10の河…

    • 8

      米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

    • 9

      戦慄の実話! 悪夢と化した「憧れの田舎暮らし」 …

    • 10

      キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

    • 1

      史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

    • 2

      美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

    • 3

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

    • 4

      噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

    • 5

      悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

    • 6

      金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

    • 7

      世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

    • 8

      金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

    • 9

      【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

    • 10

      「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい