Newsweek

パックン(パトリック・ハーラン)

パックンのちょっとマジメな話

ビジネスマン失格のトランプは実は「グレイテスト・ショーマン」!

2019年05月29日(水)17時45分

    トランプは、どれだけ納税申告書を見られたくないのか? リチャード・ニクソン以来初めて、大統領候補として開示しなかったぐらいだ。フォーブス誌で「トランプは税金報告書を見せない方がいい」という見解を示した税専門弁護士をわざわざIRS長官に抜擢するぐらいだ。トランプ・オーガニゼーション社の税理顧問を務めたことがある人をIRSのナンバーツーに指名したぐらいだ。しかも、その人の承認を司法長官のそれよりも優先するように上院に圧力をかけるぐらいだ。下院歳入委員会が法律に沿って納税記録の提出を召喚状で求めても断るぐらいだ。いま現在、報告書自体を丸めてパンツに入れて持ち歩くぐらいだ。まあ、最後は僕の妄想に過ぎないが、それぐらい固く守ろうとしている様子だ。

    そこまでして見られたくないのはなぜなんだろう? 記事内容が間違っていたら、報告書を開示して正したいはずだ。もしかしたら、それ以外に隠したいことがあるのかな? その2つのファクターで開示するかどうかが変わる。分かりやすく「行動チャート」にまとめてみた。

    pakkun190529-chart.jpg

    この通り、開示しないというのは、記事が正しいか、隠したいことがあるかということになる。確かに、今まで脱税、マネーロンダリング(資金洗浄)、マフィアや対立国との金銭授受、公文書の偽造、教育詐欺、チャリティー基金の金の横領などなど、いろいろと、倫理においても法律においても疑わしい行為が噂されている。疑惑のトランプタワーだ。

    厳しい人はどれに関しても真っ黒だとみるだろうが、僕は優しい。一番優しい解釈で「犯罪行為など、ほかに隠すことはないが、やはり記事の内容が合っているから恥ずかしくて開示しない」を信じることにする。

    この「恥ずかしい」というのは、今まで一生懸命作ったイメージと事実が違うからだ。「自力で財を築き上げた、敏腕のビジネスマンで最高のディールメーカー(交渉人)」というブランドでここまで来たトランプ大統領だが、本当はどうだろう? ここまでの報道が正しかったら、本当のトランプはパパから異次元の支援をもらいながら、税金も下請け業者の賃金もまともに払っていないのに、銀行のローンを踏み倒しながら6回も会社を破産させて、11億ドルの大金を溝に捨てている、下手なビジネスマンで最低のディールメーカーである。

    大統領としても、公約したディールはできていない。政府の閉鎖をしても、国境に壁は建たない。北朝鮮の金正恩と「恋に落ちても」、非核化は進まない。オバマケア(医療保険制度改革)の廃止はできない。中東問題は解決しない。イラン核合意、TPP(環太平洋経済連携協定)、温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」などをいろいろぶっ壊してはいるが、何もできてはいない。もとい。最高裁判事を承認させることができた。減税法はできた。あと、お笑い芸人の間では山ほどのトランプネタができた。

    いまだに日本のテレビなどでは「トランプはディールを重視するビジネスマンだから」と、大統領の言動を解説しようとするが、いい加減にこの捉え方をやめるべきではないか。そんなセンスがないことは十分わかったはず。本当にトランプを理解したいなら、それ以外の経歴を見るといいと思う。それは、トランプが実際に成功したこと、つまりビジネスよりもリアリティー番組とプロレスだ。

    プロフィール

    プロフィール

    パックン(パトリック・ハーラン)

    1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    本誌 最新号

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

    2020年6月 2日号  5/26発売

    人気ランキング

    • 1

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 2

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 3

      デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

    • 4

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 5

      コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

    • 6

      韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

    • 7

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 8

      ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

    • 9

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 10

      ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

    • 1

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

    • 3

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 4

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 5

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

    • 6

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 7

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 8

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 9

      ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

    • 10

      東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 7

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 8

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 9

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 10

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩