Newsweek

パックン(パトリック・ハーラン)

パックンのちょっとマジメな話

今からでも遅くない! トランプ弾劾を徹底解説

2019年11月14日(木)16時10分

    ―なるほど。もう1つ、トランプが望んだ捜査は?

    ジョー・バイデン元副大統領とその息子のハンター・バイデンについての捜査だ。

    ―バイデンは民主党の有力候補として、来年の大統領選挙に向けて活動中ですね。何についての捜査ですか?

    オバマ政権時に、副大統領だったパパ・バイデンがウクライナの検事総長を解雇するように当時のウクライナ政府に圧力をかけたことについてだ。当時、バイデンの息子がウクライナのある会社の役員を務めていたが、パパ・バイデンは、バイデン・ジュニアの会社に対する捜査を阻止するために、検察の解雇を求めたのではないかと......。

    ―え? 副大統領がそんなことをやったら、調べてもらって当然でしょう?

    もちろん。やったらね。でも、やっている証拠はない。まず、例の検事総長は汚職で有名で、彼の解雇はバイデン個人の要求ではなく、アメリカ政府のほかイギリス、EU、IMF 、ウクライナ国内の団体など、多方面から求められていたことだ。そして、バイデン・ジュニアの会社への捜査は彼が役員になる前に既に終了していた 。その会社の汚職疑惑もあったが、バイデン・パパは検事総長を交代させて、むしろその会社へ新たな捜査をするように促していたという。アメリカの外交筋もウクライナ政府も、政府監視団体も、調査した地元新聞などもバイデンの不正を否定している。

    ―じゃあ、トランプはなんで調べてほしいと?

    それは、本人に......。

    ―聞かないと分かりませんね。はい。推測でいうと?

    政敵のバイデンをつぶすのに便利だからだと思われる。「ジョー・バイデンは息子の会社を調べる検察官を解雇するなら10億ドルを渡すと、ウクライナ政府に約束した」と言えたら、選挙に有利だと思っているのは間違いない。

    ―何でそう言い切れるのですか? 本人に......。

    聞いていないよ! でも、トランプ選挙陣営は実際にそんな内容の広告をフェイスブックに流して いる。根拠がなくても、お金を払ってでも言いふらしたいことだから、それを裏付ける「捜査」があればどんだけうれしいか。そんな気持ちでウクライナ政府に働きかけたと推測される。

    ―じゃあ、「バイデンが自己利益のために公金をもってウクライナ政府に圧力をかけた」と、主張したいトランプが自己利益のために、公金をもってウクライナ政府に圧力をかけた。そういう疑いですね。

    その通り!

    ―頭が痛くなってきました。

    ここまでが背景だよ。これからが弾劾の話のスタートだ。今年1月からトランプは、顧問弁護士のルディ・ジュリアーニやゴードン・ソンドランド駐EU大使などを通して、またはゼレンスキー大統領との電話会談で直接、「軍事支援や首脳会談」と「捜査開始」の取引を目指していたとされる。しかし、それは内部告発によって8月に初めて噂になり、9月にその告発書が開示されたことで明るみにでた。下院は9月末に調査を正式に開始し、司法委員会で関係者の事情聴取を行った。そして、国民が直接証言を聞ける公聴会が今月13日からやっと始まった。これが本当のスタートだ。

    ―これからの流れはどうなりますか?

    公聴会を経て、おそらく年内に下院で弾劾訴追案が可決される見込みだ。これが書類送検に当たるもの。そして、来年頭に上院で弾劾裁判が始まるはず。これが本当のスタートだ。

    ―本当のスタートが多すぎませんか?

    というか、上院での裁判の結果をもって来年の大統領選挙に突入するから、それが本当のスタート!

    プロフィール

    プロフィール

    パックン(パトリック・ハーラン)

    1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

      • 1

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 2

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

      • 3

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

      • 4

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

      • 5

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 6

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

      • 7

        東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

      • 8

        英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

      • 9

        ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

      • 10

        新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

      • 1

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 2

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 3

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

      • 4

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

      • 5

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 6

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 7

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

      • 8

        ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

      • 9

        自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

      • 10

        宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場