Newsweek

パックン(パトリック・ハーラン)

パックンのちょっとマジメな話

野村元監督に敬意を表し、トランプ弾劾を野球にたとえてみると

2020年02月21日(金)16時00分
    野村元監督に敬意を表し、トランプ弾劾を野球にたとえてみると

    17年にホワイトハウスで開催された米国製品の奨励イベントで野球バットを握るトランプ Carlos Barria-REUTERS

    <トランプ米大統領は、ウクライナ疑惑をめぐる弾劾裁判で無罪評決を下された。でもこれを「民主党VS共和党」の野球の試合にたとえてみると、おかしなことがいっぱいある>

    まずは先日亡くなった、われわれヤクルトスワローズ・ファンのヒーロー、野村克也元監督に心からお礼とお悔やみを申し上げます。

    そして、少し野球の話をしよう。というのも、今回は野球をたとえに、ドナルド・トランプ米大統領の「弾劾ゲーム」をわかりやすく解説したい。監督の大好きな野球をこんな風に使うのは恐れ多いが。

    例えば......
    宿敵のライバル同士、チームAとチームBが連続試合を行っている。しかし、ちょっと変わったルールがあり、試合に勝つと「ホームチーム」となって次の試合の運用権を握り、そのチームのキャプテンが試合の仕切り役を務めることになっているのだ。

    前回はチームAが勝ったとしよう。そこで、さっそくプレーボール!

    おっと、始球式の前から、変な噂がスタジアム内を飛び交っている。どうやら前回の試合の間、反社会的勢力がスタジアムに忍び込み、空調システムをいじっていたようだ! なんと、チームAの打者がバッターボックスに立つときだけ、館内の空気がホームから外野へと流れるようにしていた。つまり、チームAの打者にとって「追い風」を作っていたのだ! しかも噂によると、そんな不正な協力をチームAのキャプテンが呼び掛けていたというのだ! (ちなみに、この空調テクニックは実際にMLB[大リーグ機構]のスタジアムで使われていた)

    噂について調べることになる。特別審査の結果、反社会的勢力が試合に介入したことや、キャプテンがそれを呼びかけたことは確認された。さらに、チームAのキャプテンがずっと捜査を邪魔しようとしていたことも報告した。しかしそこで、ルール委員会長は報告を受け「ノープロブレム」と言う。

    ちなみに、「特別審査委員長」はチームAの応援団の一人で、「ルール委員会長」はチームAのキャプテンが指名した人だ。ホームチームの特権っていいね!......プレーボール!

    ちょっと待って! またすぐに噂が! 今回は外野側の空調をいじって、チームBの選手がバッターボックスに立つとき外野からホームへと「向かい風」を吹かすという、新しい密計が発覚した。それもチームAのキャプテンが企み、スタジアム入り口の警備の人に実行を頼んでいるという! しかも、キャプテンが握る、警備費の支払いを交換条件に出して圧力をかけているようだ。

    この謀策はチームAのメンバーからの内部告発でばれるが、ルール委員会が告発の内容を「ノープロブレム」と判断し、報告書を隠す。プレーボール!

    いや、さすがにそうはいかないだろう!

    そこで、民主党はトランプの手下に捜査を任せないで、ウクライナ疑惑を弾劾で......。

    あっ!ごめん。たとえ話の途中だったね。

    プロフィール

    プロフィール

    パックン(パトリック・ハーラン)

    1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

    • 2

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 3

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

    • 4

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 5

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

    • 6

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 7

      韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

    • 8

      デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

    • 9

      コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

    • 10

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 1

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 2

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 5

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 6

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 7

      ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

    • 8

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 9

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

    • 10

      東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 7

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 8

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 9

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 10

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩