Newsweek

パックン(パトリック・ハーラン)

パックンのちょっとマジメな話

検察庁法改正案を強行採決する前に、3つの疑問に答えて!

2020年05月17日(日)09時30分
    検察庁法改正案を強行採決する前に、3つの疑問に答えて!

    この緊急事態に安倍政権が全力で取り組むのは...... Issei Kato-REUTERS

    <新型コロナウイルスの脅威に国民がさらされているなか、日本政府が全力で取り組んでいることは......検察官の定年延長問題>

    日本国民は前代未聞の脅威に直面している。命も暮らしも危険にさらされ、日本の経済と社会が根本から揺るがされている。1人1人も、寝る前にも、起きた瞬間にも、その強敵を意識し、毎日その戦いに神経を尖がらせている。もちろん、その悩みの元は「検察官の定年制」。

    プロフィール

    プロフィール

    パックン(パトリック・ハーラン)

    1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:Black Lives Matter

    本誌 最新号

    特集:Black Lives Matter

    今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

    2020年7月 7日号  6/30発売

    人気ランキング

      • 1

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 2

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

      • 3

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

      • 4

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 5

        英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

      • 6

        スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

      • 7

        東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

      • 8

        韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

      • 9

        北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

      • 10

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 1

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 2

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

      • 3

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

      • 4

        ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

      • 5

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 6

        自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

      • 7

        街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

      • 8

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 9

        宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

      • 10

        「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場