Newsweek

パックン(パトリック・ハーラン)

パックンのちょっとマジメな話

久しぶりのトランプ選挙「醜会」で分かったこと

2020年06月24日(水)17時00分
    久しぶりのトランプ選挙「醜会」で分かったこと

    安心してください、トランプはマスクを着けて……いない! Leah Millis-REUTERS

    <3カ月ぶりに開催した選挙集会でも、嘘と個人攻撃と自慢話ばかりだったトランプ大統領>

    プロフィール

    プロフィール

    パックン(パトリック・ハーラン)

    1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

    • 2

      イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプをドローンが狙う画像掲載

    • 3

      英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎えた対コロナ戦争【コロナ緊急連載】

    • 4

      ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

    • 5

      文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

    • 6

      EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

    • 7

      バイデン、分断の厳しさにさっそく直面 テキサス州「…

    • 8

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

    • 9

      新型コロナウイルス、重症化する人としない人は「口の…

    • 10

      自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

    • 1

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

    • 2

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

    • 3

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

    • 4

      全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

    • 5

      バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

    • 6

      米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

    • 7

      議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

    • 8

      去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

    • 9

      共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

    • 10

      イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

    • 1

      「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

    • 2

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

    • 3

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

    • 4

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

    • 5

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

    • 6

      世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

    • 7

      ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

    • 8

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

    • 9

      北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

    • 10

      全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】埋もれゆくシベリア「骨の道」の記憶