Newsweek

パックン(パトリック・ハーラン)

パックンのちょっとマジメな話

Black Lives Matter、日本人が知らないデモ拡大の4つの要因

2020年06月09日(火)17時30分
    Black Lives Matter、日本人が知らないデモ拡大の4つの要因

    フロイドの殺害現場で、ろうそくを手にたたずむ人(ミネソタ州ミネアポリス、6月3日) LUCUS JACKSON-REUTERS

    <丸腰の黒人が白人警官に窒息死させられた事件。パックンがマジメに、デモがこれほどまでに拡大した理由を解説する。黒人たちの苦境、燃え上がる暴動、火に油を注ぐ大統領――これが今のアメリカだ>

    暴動だ。黒人の間で警察に対する怒りが爆発し、アメリカの街が燃えている──。

    では、これは「いつの話」なのでしょうか。2014年に、ミズーリ州セントルイスで丸腰の黒人男性が警官に射殺されたとき? 2001年に、オハイオ州シンシナティで丸腰の黒人男性が警官に射殺されたとき? 1992年に、カリフォルニア州ロサンゼルスで丸腰の黒人男性が警官に半殺しにされたとき? 1979年に、フロリダ州マイアミで丸腰の黒人男性が警官に殺されたとき?

    「2020年5月に、ミネソタ州ミネアポリスで丸腰の黒人男性が警官に殺されたとき」と答えた人、正解! いや、残酷な事件や被害を広げるような暴動はいつ、どこで起きたって、警察の行動としても、抗議の仕方としても、どうみても不正解だろう......。

    前述の例は、黒人に対する警察の暴力と、そこから生まれた暴動のほんの一部にすぎない。しかも暴動が起きなかった同種の事件の数は、その何千倍にも及ぶ。2015年の1年間だけで丸腰の黒人が100人以上、警官に殺された。平均で週2回の頻度、近所の八百屋が特売品を出すペースで、丸腰の黒人が警官に殺害されている。

    「丸腰」と限定しなければ、その数字はもっと上がる。黒人男性が警官に殺される割合は1000人に1人で、25~29歳の黒人男性の死因ランキングでは、これが6位に入っている! 中には警官の正当防衛もあるが、そうでないケースも多い。だが、黒人を殺した場合、警官への罰則はほとんどない。2015年の100件以上の丸腰黒人殺害に関わった警官の中で、有罪判決を受けたのはたったの5人。

    でも今回爆発した国民の怒りは、こういった殺害事件だけから生まれたものではない。警察の差別的な行動は毎日のように起きているのだ。代表的なのは職務質問。車社会のアメリカだと、車を止めて、運転手と車の中を調べるtraffic stop(車両停止)の形が一般的だが、白人のほうが運転することが多いのに、黒人のほうが倍ぐらいの確率で警察に止められる。

    止められた後、身体や車中を捜索される確率は白人の4倍。「黒人のほうが禁止物を持っていることが多いからでは?」との疑問が浮かぶ人もいるだろうが、実際に捜索された場合、白人のほうがより高い割合で、麻薬など法に触れるモノを保持している。まず白人を疑え! と、僕からは言いづらいけど。

    プロフィール

    プロフィール

    パックン(パトリック・ハーラン)

    1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

    本誌紹介

    特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

    本誌 最新号

    特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

    新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

    2020年9月29日号  9/23発売

    人気ランキング

    • 1

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

    • 2

      トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

    • 3

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 4

      中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

    • 5

      いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

    • 6

      「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

    • 7

      国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

    • 8

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 9

      世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

    • 10

      ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

    • 1

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 2

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 3

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

    • 4

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 5

      中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

    • 6

      核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

    • 7

      美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

    • 8

      どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

    • 9

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

    • 10

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 3

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 4

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 5

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

    • 6

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

    • 7

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 8

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    • 9

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 10

      太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と