Newsweek

THIS EMPTY WORLD

【写真特集】人類と自然の衝突が生む「空虚」

2019.05.10

Photographs by NICK BRANDT

    【写真特集】人類と自然の衝突が生む「空虚」

    バスターミナルとゾウ。今回のプロジェクトが行われたのはケニアの先住民族マサイが住む地域

    <アフリカで住む地を奪われているのは野生動物だけではない。そこに移り住む人々も、元の生活と生活の糧にしてきた豊かな自然を奪われている>

    無秩序な開発と急激な人口増加により、人間の居住地が野生動物の楽園を侵食し続けている。写真家ニック・ブラントが写真集『ディス・エンプティ・ワールド』で訴えるのは、そうした途上国での悲劇的な実状だ。

    写っているのはゾウなどの野生動物と人間、そして人工的な建造物が同居する奇妙な光景だが、これらは現実ではない。動物と人間それぞれを同じ場所で撮影し、合成したものだ。

    ブラントのチームはまず最低限の撮影セットを組み、動物が通るのを何週間も待つ。撮影に成功したら、次はカメラを固定したままでバス停や工場、工事現場といった大掛かりなセットを用意し、エキストラとなる人々を配置して再び撮影する。

    この2つを合わせた作品は、確かに架空の光景だが、既に世界で起きていること、そしてこの地で間もなく起きる現実を象徴的に表している。

    もう1つ、ブラントは住む地を奪われる動物だけでなく、ここに移り住まざるを得ない周辺地域の人々も同じく被害者だと訴える。彼らもまた元の生活と、生活の糧にしてきた豊かな自然という「資源」を奪われているのだ。写真には写らない、開発業者や政治家など目先の利益を優先する人間によって。


    ppempty02.jpg

    橋の建築現場と作業員とゾウ。ハリウッドさながらの大規模なセットが組まれている


    ppempty03.jpg

    <架空の建造物>上写真の撮影風景。ゾウが通る姿を捉えたカメラを固定したまま、画角に収まるよう架空の建築現場を造り上げる。使った資材は次の現場で再利用し、セットの痕跡は一切残さないという。ブラントが共同設立したNPO団体はアフリカ東部の8000平方キロメートルの土地で密猟の監視などを通じた自然保護活動を行っている


    ppempty04.jpg

    サバンナのライオンと人間。エキストラを集めて行われた「第2部」の撮影は2カ月を要した

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:進撃のYahoo!

    本誌 最新号

    特集:進撃のYahoo!

    メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

    2019年12月17日号  12/10発売

    人気ランキング

    • 1

      東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お台場に懸念の米水泳チームが訴え

    • 2

      「生理ちゃんバッジ」に中国人が賛成だった理由

    • 3

      米下院のウイグル人権法案、中国が香港問題以上に反発する理由

    • 4

      対中感情が欧米で悪化──米加は過去最悪(米調査)

    • 5

      「働き方」を変えている場合か! 日本がこのまま「…

    • 6

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 7

      トランプは反ユダヤ主義だ、ユダヤ系アメリカ人が反…

    • 8

      「セクシーじゃないね」化石賞に輝いた日本の石炭依…

    • 9

      トランプのウクライナ疑惑より切実な「ウクライナ問…

    • 10

      筋肉だけでなく、スピード・反射神経も高める「囚人…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

    • 3

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    • 4

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 5

      ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

    • 6

      『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

    • 7

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 8

      韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

    • 9

      5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

    • 10

      サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 3

      「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

    • 4

      元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

    • 5

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

    • 6

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 7

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

    • 8

      GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

    • 9

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 10

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ラスベガスになれない「成金」マカオ