Newsweek

  • HOME
  • Picture Power
  • 【写真特集】原爆はまだ歴史になっていない 広島・長…

THE YEAR 1945

【写真特集】原爆はまだ歴史になっていない 広島・長崎被爆者の「沈黙の痛み」

2019.08.06

Photographs by HARUKA SAKAGUCHI

    【写真特集】原爆はまだ歴史になっていない 広島・長崎被爆者の「沈黙の痛み」

    竹岡智佐子(89) 被爆後、相生橋(あいおいばし)の下に浮く死体の中に母親がいないかと捜していたとき、(自身の)腕に紫色の斑点が見えたが、じきに消えた。数年後に産んだ子供にも同じ斑点が現れ、17日後に死亡した。 (注)年齢は全て撮影時のもの

    <原爆を正当化するアメリカの風潮を変えたいと、アメリカ育ちの日本人写真家、阪口悠は2017年に作品の制作を開始。だが被爆者の撮影を重ねるにつれ、考えが変わっていった>

    アメリカは、これ以上の犠牲者を出さないために広島と長崎に原爆を投下し、第二次大戦を終結させた──。

    アメリカ育ちの日本人である私は、中学校の歴史の授業で学んだこの一節に強い違和感を覚えたが、級友たちは満足げにうなずいていた。私にとって遠い存在だった原爆と、日本人としての自分を意識した瞬間だった。

    原爆を正当化するアメリカの風潮を変えたいと、2017年に作品の制作を開始した当初は、被爆者の肖像と体験を記録して後世に残すことが目標だった。

    だが撮影を重ねるうち、「沈黙の痛み」を世界に伝えたいと考えるようになった。子孫を差別から守るため被爆を語ってこなかった被爆者や、親に心配をかけぬよう体の不調を隠してきた被爆2世に出会ったからだ。

    原爆投下はまだ歴史にはなっていない。しかし今、高齢の被爆者たちが世を去り、記憶の風化が懸念されている。同時に被爆2世たちが引き継ぐ記憶も、政府の原爆症不認定と、それによって彼ら自身が原爆の問題に口をつぐまざるを得ない状況に追い込まれてきたことで、風化の危機にさらされている。

    ――阪口 悠(写真家)

    pp190806theyear1945-2b.jpg

    鳥越不二夫(86)
    全身に大やけどを負い入院していたとき、隣で母親がハーモニカで子守歌を吹いてくれていたところで意識が戻った。昨年亡くなるまで、講話の後は子供たちにハーモニカを聴かせていた。

    pp190806theyear1945-3b.jpg

    大越富子(69)
    被爆2世。母親は被爆してから2年半後に富子を身ごもったが、水風呂に入ったり重い石を担いだりして中絶しようとしたことを中学生だった富子に明かした。

    pp190806theyear1945-4b.jpg

    黒板美由紀(66)
    被爆2世。荒川クミ子(3ページ目)の娘。母と原爆について話したことはない。

    【参考記事】原爆投下を正当化するのは、どんなアメリカ人なのか?

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:0歳からの教育 みんなで子育て

    本誌 最新号

    特集:0歳からの教育 みんなで子育て

    赤ちゃんの心と体を育てる「全員参加育児」── 健やかな成長のため祖父母がすべきこと・すべきでないこと

    2020年3月31日号  3/24発売

    人気ランキング

    • 1

      デーブ・スペクター「日本がオリンピックを美化するのはテレビのせい」

    • 2

      新型コロナ:「医療崩壊」ヨーロッパの教訓からいま日本が学ぶべきこと

    • 3

      一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

    • 4

      「感染で死ぬか、飢えて死ぬか」北朝鮮、新型コロナ…

    • 5

      日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

    • 6

      韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

    • 7

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 8

      「中国ウイルス」作戦を思いついたトランプ大統領は…

    • 9

      新型コロナウイルスがあぶり出す日本の危機 自粛ム…

    • 10

      【大江千里コラム】厳戒態勢のNYで考える、「コロナ…

    • 1

      日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

    • 2

      韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

    • 3

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 4

      囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

    • 5

      新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

    • 6

      新型コロナ対策、「日本式」の特徴と評価

    • 7

      イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

    • 8

      一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

    • 9

      10~20代はネットで調べるとき「ググらない」 その理…

    • 10

      ジャパンタイムズ、慰安婦の英語表記を再変更 社長と…

    • 1

      一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

    • 2

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 3

      韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

    • 4

      フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

    • 5

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 6

      新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

    • 7

      やっぱり日本は終わりだ

    • 8

      ついに日本は終わった

    • 9

      豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

    • 10

      新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】福島の酪農家、葛藤の9年間