Newsweek

  • HOME
  • Picture Power
  • 【写真特集】原爆はまだ歴史になっていない 広島・長…

THE YEAR 1945

【写真特集】原爆はまだ歴史になっていない 広島・長崎被爆者の「沈黙の痛み」

2019.08.06

Photographs by HARUKA SAKAGUCHI

    pp190806theyear1945-10b.jpg

    森川聖詩(63)
    広島出身の被爆2世。幼少の頃から胃腸が弱く病気がちで、けがをすると傷口がなかなか治らなかった。就職や結婚では差別も受けた。

    pp190806theyear1945-11b.jpg

    荒川クミ子(92)
    20歳の時に長崎で被爆。原爆で両親と兄弟4人が亡くなり、弟を1人で育てることとなった。被爆後の記憶があまりない。

    pp190806theyear1945-12b.jpg

    八木道子(78)
    6歳の時に長崎で被爆。被爆後、食べるものがなく、母と一緒に近くの農家へ行き、母の着物の代わりにさつまいもを分けてもらえないかと聞くが断られた。そのとき見上げた母の悲しそうな顔は、今でも印象に残っている。

    pp190806theyear1945-13b.jpg

    松本シゲ子(77)
    防空壕の前で兄妹と遊んでいるときに被爆し、壕の奥へと吹き飛ばされた。その後、大勢の負傷者が防空壕に入ってきて、祖父が見つけてくれるまで、3日間閉じ込められた状態だった。800メートル圏内で被爆したということを話すと、生き残っているはずがないと疑われたことがある。

    pp190806theyear1945-14b.jpg

    東野真里子(64)
    被爆2世。20歳になって原爆障害調査委員会(ABCC)から通知が来るまでは、被爆2世としての自覚は薄かった。原爆症で亡くなった長男がいることも数十年後に初めて知った。

    ◇ ◇ ◇

    撮影:阪口 悠
    1990年、大阪府生まれ。生後3カ月でアメリカに移住し、現在ニューヨークを拠点として、ニューヨーク・タイムズ、ニューヨーカーなどの新聞・雑誌を中心に活躍している。

    関連サイト:1945

    Photographs by Haruka Sakaguchi-Institute

    <2019年8月13&20日号掲載>

    「Picture Power」の過去記事(2010年3月~2018年6月)の一覧はこちら

    2019081320issue_cover200.jpg
    ※8月13&20日号(8月6日発売)は、「パックンのお笑い国際情勢入門」特集。お笑い芸人の政治的発言が問題視される日本。なぜダメなのか、不健全じゃないのか。ハーバード大卒のお笑い芸人、パックンがお笑い文化をマジメに研究! 日本人が知らなかった政治の見方をお届けします。目からウロコ、鼻からミルクの「危険人物図鑑」や、在日外国人4人による「世界のお笑い研究」座談会も。どうぞお楽しみください。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:Black Lives Matter

    本誌 最新号

    特集:Black Lives Matter

    今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

    2020年7月 7日号  6/30発売

    人気ランキング

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 3

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まっていた

    • 4

      韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

    • 5

      コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

    • 6

      「大した問題でもないのにやり過ぎ」北朝鮮幹部、金…

    • 7

      急速に勢いを失いつつあるトランプ、大統領選の潮目…

    • 8

      海王星の「ダイヤモンドの雨」を新たな手法で解析

    • 9

      山本太郎の胸のうち「少なくとも自分は、小池さんに…

    • 10

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 1

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 2

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 3

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

    • 4

      BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

    • 5

      米南部の感染爆発は変異株の仕業?

    • 6

      韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

    • 7

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

    • 8

      米中スパコン戦争が過熱する中、「富岳」の世界一が…

    • 9

      韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

    • 10

      スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、…

    • 1

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 2

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 3

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持表明、鍵握る麻生副総理

    • 4

      自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

    • 5

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

    • 6

      宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

    • 7

      「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

    • 8

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 9

      傲慢な中国は世界の嫌われ者

    • 10

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場