• HOME
  • Picture Power
  • 【写真特集】コロナ失策がブラジルの最貧層を襲う

BRAZIL IN CRISIS

【写真特集】コロナ失策がブラジルの最貧層を襲う

2020.10.17

Photographs by PHOTOGRAPHS BY LALO DE ALMEIDA

    【写真特集】コロナ失策がブラジルの最貧層を襲う

    ブラジル南東部に位置する最大都市サンパウロで、労働条件の改善を求めて抗議デモを行うデリバリーアプリの配達員。コロナ禍に伴う経済危機で失業した人々にとって、配達作業は数少ない選択肢の1つ

    <最大都市サンパウロのファベーラ(スラム街)では、病院に患者があふれ、医療品の不足が深刻化している>

    新型コロナウイルスの新たなホットスポットとなった南米の国々の中でも、ブラジルの感染拡大は特に顕著だ。9月9日時点で感染者416万人、死者12万7500人と、アメリカに次ぐ世界2~3位の多さで推移している。

    本誌紹介

    特集:ルポ  武漢研究所のウソ

    本誌 最新号

    特集:ルポ 武漢研究所のウソ

    新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

    2021年6月22日号  6/15発売

    人気ランキング

    • 1

      最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

    • 2

      オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

    • 3

      BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

    • 4

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 5

      「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

    • 6

      やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

    • 7

      「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

    • 8

      洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

    • 9

      本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

    • 10

      ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

    • 1

      最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

    • 2

      オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

    • 3

      中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

    • 4

      BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

    • 5

      やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

    • 6

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 7

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

    • 8

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

    • 9

      病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

    • 10

      徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

    • 3

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 4

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 5

      最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

    • 6

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 7

      東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

    • 8

      オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

    • 9

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 10

      【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】母国がにじむ中国系住民の郊外的日常