Newsweek

辣椒(ラージャオ、王立銘)

日本とアジアの間にそびえ立つ巨大すぎる慰安婦像

辣椒(ラージャオ、王立銘)

世界と中国人が越えられないネットの「万里の長城」

辣椒(ラージャオ、王立銘)

死の淵に立っても劉暁波を容赦しない「人でなし」共産党

辣椒(ラージャオ、王立銘)

習近平が私営企業に押す「共産党印」の不安

辣椒(ラージャオ、王立銘)

「愛国」という重荷を背負った中国国産旅客機

辣椒(ラージャオ、王立銘)

「密告奨励法」で中国は暗黒時代に逆戻り

辣椒(ラージャオ、王立銘)

トランプから習近平への「初対面の贈り物」

辣椒(ラージャオ、王立銘)

中国の人権をめぐって日米の立場が「大逆転」

辣椒(ラージャオ、王立銘)

白雪姫を「禁書」にする共産党の危機感

辣椒(ラージャオ、王立銘)

「中国ATM」から援助を引き出すパスワード

辣椒(ラージャオ、王立銘)

政府に優しく外国に厳しい中国人の「二面性」

辣椒(ラージャオ、王立銘)

アパホテルを糾弾する前に中国共産党がやるべきこと

辣椒(ラージャオ、王立銘)

中国政府が新たに始めた「外国人差別」の脅威

辣椒(ラージャオ、王立銘)

PM2・5襲来に習近平がクールでいられるのは

辣椒(ラージャオ、王立銘)

「トランプ劇場」に振り回される習近平

辣椒(ラージャオ、王立銘)

「中国の夢」vs「アメリカの夢」の勝者は?

辣椒(ラージャオ、王立銘)

「核心」習近平が向かう終身独裁者への危うい道

辣椒(ラージャオ、王立銘)

香港学生リーダーを捕まえる「邪悪な竜」の長い爪

辣椒(ラージャオ、王立銘)

スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす

辣椒(ラージャオ、王立銘)

自国を守る「防護壁」の北朝鮮に利用される中国

プロフィール

プロフィール

辣椒(ラージャオ、王立銘)

風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。