Newsweek

辣椒(ラージャオ、王立銘)

辛口風刺画・中国的本音

日本とアジアの間にそびえ立つ巨大すぎる慰安婦像

2017年08月25日(金)16時15分
    日本とアジアの間にそびえ立つ巨大すぎる慰安婦像

    <いわゆる「慰安婦」問題では、繰り返し謝罪する日本に繰り返し謝罪が要求され、まるで終わりが見えない>

    プロフィール

    プロフィール

    辣椒(ラージャオ、王立銘)

    風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:科学技術大国 中国の野心

    本誌 最新号

    特集:科学技術大国 中国の野心

    豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

    *雪による配送遅延について

    2018年1月30日号  1/23発売

    人気ランキング

    • 1

      ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

    • 2

      シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開発に光が!?

    • 3

      インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

    • 4

      暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

    • 5

      「骨タイプのおやつ」で死亡する犬が急増 米政府機…

    • 6

      ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

    • 7

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 8

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 9

      欧州初、ドイツで寄生虫の卵のサプリメントが合法的…

    • 10

      ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

    • 1

      ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

    • 2

      日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

    • 3

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 4

      ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

    • 5

      暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

    • 6

      シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

    • 7

      インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

    • 8

      子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

    • 9

      ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

    • 10

      ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

    • 1

      北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

    • 2

      [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

    • 3

      決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

    • 4

      ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

    • 5

      ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

    • 6

      金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

    • 7

      韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

    • 8

      南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

    • 9

      ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

    • 10

      ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい