Newsweek

辣椒(ラージャオ、王立銘)

辛口風刺画・中国的本音

日本とアジアの間にそびえ立つ巨大すぎる慰安婦像

2017年08月25日(金)16時15分
    日本とアジアの間にそびえ立つ巨大すぎる慰安婦像

    <いわゆる「慰安婦」問題では、繰り返し謝罪する日本に繰り返し謝罪が要求され、まるで終わりが見えない>

    プロフィール

    プロフィール

    辣椒(ラージャオ、王立銘)

    風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:間違いだらけのAI論

    本誌 最新号

    特集:間違いだらけのAI論

    AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

    2018年12月18日号  12/11発売

    人気ランキング

    • 1

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 2

      【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

    • 3

      宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

    • 4

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 5

      華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク…

    • 6

      「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

    • 7

      心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

    • 8

      JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

    • 9

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 1

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 2

      世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

    • 5

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 6

      韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

    • 7

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 8

      8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

    • 9

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    • 10

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 1

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 2

      「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 5

      恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

    • 6

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    • 7

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 8

      カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい