Newsweek

冷泉彰彦

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

2018年11月20日(火)14時00分
    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

    企業経営者の強すぎる権力はアメリカでも様々な問題を生んでいる Steve Marcus-REUTERS

    <ゴーン会長逮捕のニュースはアメリカで、企業経営者の強大な権力への批判だけでなく、グローバル企業のトップが日本だけの事件で逮捕されることへの困惑と共に報じられた>

    プロフィール

    プロフィール

    冷泉彰彦

    (れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

    最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:進撃のYahoo!

    本誌 最新号

    特集:進撃のYahoo!

    メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

    2019年12月17日号  12/10発売

    人気ランキング

      • 1

        食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

      • 2

        文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

      • 3

        日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

      • 4

        殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

      • 5

        ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

      • 6

        『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

      • 7

        人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

      • 8

        5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

      • 9

        韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

      • 10

        サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

      • 1

        食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

      • 2

        「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

      • 3

        「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

      • 4

        元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

      • 5

        「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

      • 6

        GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

      • 7

        文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

      • 8

        GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

      • 9

        日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

      • 10

        殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】ラスベガスになれない「成金」マカオ