Newsweek

冷泉彰彦

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

新天皇・新皇后が「国際派」に慌ててイメチェンするのは危険だ

2019年05月09日(木)18時20分

    だが令和を迎えた現在、ネットによるコミュニケーションが活発となるなかでの対立構図は異なる。一部の保守派は男系主義を重視するあまり旧宮家の皇族復帰まで唱えて「昭和天皇家」を軽視し始める一方で、元来は天皇制度に冷淡であったリベラル派が天皇への積極支持に変わっていたりする。こうした「ねじれ」は不安定なものを抱えており、天皇皇后として、バランスある立ち位置を定めるのは困難を極めそうだ。

    そのように国内の支持層に動揺があるなかで、新天皇新皇后が「国際派」へ拙速なイメージチェンジを図るのは危険だ。その意味で、即位直後に予定されるトランプ米大統領の国賓待遇での来日は大きな試金石になるだろう。

    天皇皇后像としての新鮮味をアピールするのは差し控え、とりあえず見事な英語で品格と教養を示しつつ、大統領の持つ庶民性も「立てる」ことで関係を円滑にする、そのような儀礼の実務に徹してはどうだろうか。それ自体が簡単ではないかもしれないが、周到な準備を行うことで、一歩一歩を踏み固めることが肝要であると考える。

    <2019年5月14日号掲載>

    ※この記事は本誌「日本の皇室 世界の王室」特集より。詳しくは本誌をご覧ください。

    プロフィール

    プロフィール

    冷泉彰彦

    (れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

    最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:コロナ危機後の世界経済

    本誌 最新号

    特集:コロナ危機後の世界経済

    感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

    2020年4月 7日号  3/31発売

    人気ランキング

    • 1

      「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

    • 2

      台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

    • 3

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 4

      BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

    • 5

      新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4…

    • 6

      日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

    • 7

      「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

    • 8

      新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

    • 9

      新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

    • 10

      ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

    • 1

      「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

    • 2

      ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

    • 3

      BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

    • 4

      日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

    • 5

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

    • 6

      ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

    • 7

      「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

    • 8

      新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

    • 9

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 10

      コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

    • 1

      一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

    • 2

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 3

      ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

    • 4

      「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

    • 5

      BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

    • 6

      日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

    • 7

      韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

    • 8

      新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

    • 9

      フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

    • 10

      ついに日本は終わった

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】福島の酪農家、葛藤の9年間