Newsweek

冷泉彰彦

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

金正恩「ワシントン訪問」に現実味はあるか

2019年07月02日(火)19時00分
    金正恩「ワシントン訪問」に現実味はあるか

    トランプは金正恩委員長を「ホワイトハウスに招待する」と言うが Kevin Lamarque-REUTERS

    <実際に金正恩が訪米した際のアメリカメディアや世論の反応を考えれば、ワシントン訪問は全く非現実的>

    G20参加直後のトランプ大統領の予定は、当初は韓国訪問だけの計画でした。それが、まず軍事境界線上の板門店視察ということになり、結果的には自身が境界線を越えて金正恩(キム・ジョンウン)・朝鮮労働党委員長と握手して見せ、「第3回米朝首脳会談」に発展しました。

    プロフィール

    プロフィール

    冷泉彰彦

    (れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

    最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 2

      世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

    • 3

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 4

      世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

    • 5

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 6

      韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

    • 7

      日本の重要性を見失った韓国

    • 8

      9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

    • 9

      犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

    • 10

      慰安婦問題が突き付ける、「歴史を装った記憶」の危…

    • 1

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 2

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 3

      世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

    • 4

      日本の重要性を見失った韓国

    • 5

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 6

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

    • 7

      犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

    • 8

      韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

    • 9

      世界が知る「香港」は終わった

    • 10

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 3

      日本の重要性を見失った韓国

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 6

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 7

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 8

      韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

    • 9

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    • 10

      「韓国の反論は誤解だらけ」

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】北米コロラド川の水と命が枯れる