Newsweek

冷泉彰彦

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メディアが大騒ぎする理由

2019年08月13日(火)14時30分
    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メディアが大騒ぎする理由

    未成年女性の人身売買などに関与した容疑で逮捕されたエプスタイン Shannon Stapleton-REUTERS

    <拘置所内で死亡したエプスタインの交友関係には、トランプ、ビル・クリントン、英アンドルー王子も>

    著名な億万長者であると同時に、多くの未成年女性を人身売買や性的虐待の対象とした容疑で逮捕・起訴されたジェフリー・エプスタインと言えば、アメリカではここ数カ月にわたって新聞やテレビのニュースで大きな話題になっていました。

    もちろん、容疑そのものが悪質だったこともありますが、同時にエプスタインの交友人脈の中にビル・クリントンやドナルド・トランプの名前があることから、大規模な政治スキャンダルに発展する可能性があり、関心が高まっていたのでした。

    先月7月6日に逮捕されてから、エプスタインをめぐって様々な動きがありました。7月の時点で問題になったのは弁護人からの保釈請求でした。弁護人サイドは、6000万ドル(約630億円)の保釈金を積んで、エプスタインの身柄を未決囚用の拘置所から自宅軟禁に移そうとしたのです。

    これに対しては、「拘置所から出したら『消される』」といった陰謀論がネットで渦巻く中、最終的に保釈は認められませんでした。ところが、そのエプスタインは、逮捕から約1カ月後の8月10日(土)の早朝に、拘置所内で死亡しているのが発見されました。66歳でした。警察は、首を吊っての自殺と発表しています。

    このニュースを受けて、メディアは騒然となっています。まず、エプスタインは、7月27日に自殺未遂を起こしていたそうで、その直後に24時間の自殺防止の監視を付けられています。ですが、なぜか2日後の29日にはその監視が解除されたというのです。

    また8月8日には、弁護人が「エプスタインは精神的に安定したので、監視の厳しい房から出して欲しい」という申し立てをして、それが認められたそうです。そこで独房を移動したその晩に自殺したというのです。拘置所の規程に定められた「30分間隔での監視」もされていませんでした。

    そんなわけで、現在でも「エプスタインは殺された」という各種の陰謀論が、ネットで飛び交っています。それどころか、合衆国大統領であるトランプ自身が「下手人はビルとヒラリー」だという陰謀説を、根拠なくツイートで拡散しているのです。事態を受けて、バー司法長官は「今後も原告のための真相究明を継続することには変わらない」と表明しています。

    自殺か他殺かという疑問はともかく、では、エプスタインについては、いったいどんな疑惑があるのでしょうか?

    プロフィール

    プロフィール

    冷泉彰彦

    (れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

    最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:進撃のYahoo!

    本誌 最新号

    特集:進撃のYahoo!

    メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

    2019年12月17日号  12/10発売

    人気ランキング

    • 1

      共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の老人が言ったこと...

    • 2

      カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』新キャラと予想

    • 3

      キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だったのか?

    • 4

      中国で焚書令、文化大革命の再来か

    • 5

      習近平を国賓として招聘すべきではない――尖閣諸島問題

    • 6

      麻酔を忘れて手術された女性、激痛に叫ぶも医者が気…

    • 7

      サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存…

    • 8

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

    • 9

      ウイグル人と民族的に近いトルコはなぜ中国のウイグ…

    • 10

      離脱強硬派ジョンソン勝利でイギリス「連合王国」解…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 3

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

    • 4

      インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

    • 5

      共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の…

    • 6

      中国で焚書令、文化大革命の再来か

    • 7

      ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

    • 8

      次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

    • 9

      東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

    • 10

      トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 3

      「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

    • 4

      元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

    • 5

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

    • 6

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

    • 7

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 8

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 9

      GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

    • 10

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】殺戮者の子供と生きたルワンダの母親たちの25年