Newsweek

冷泉彰彦

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

英語民間試験、萩生田発言は問題外だが、実施先延ばしも問題外

2019年10月31日(木)17時20分
    英語民間試験、萩生田発言は問題外だが、実施先延ばしも問題外

    受験生に「身の丈に合わせて頑張って」と言い放った萩生田文科相の発言は確かに問題だが Issei Kato-REUTERS

    <日本の国際化を妨げ、経済停滞を招いた英語教育を「使える英語教育」へと変える――その改革にもう猶予はない>

    大学受験の英語力判定において、2020年度から民間試験を導入する問題ですが、萩生田光一文科相の「身の丈に合った......」という発言が「炎上」する中で、野党や高校の現場などから「実施の延期」を主張する声が上がっています。

    プロフィール

    プロフィール

    冷泉彰彦

    (れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

    最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

    • 3

      24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失ったもの

    • 4

      世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

    • 5

      東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 3日連続2…

    • 6

      生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

    • 7

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    • 8

      「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

    • 9

      金正恩の「拷問部隊」にイギリスが下した鉄槌

    • 10

      日本人とアラブ人が考える「理想の仕事」の違い

    • 1

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

    • 4

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 5

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 6

      生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

    • 7

      24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

    • 8

      「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

    • 9

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 10

      新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

    • 1

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 4

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

    • 5

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 6

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

    • 7

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 8

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 9

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 10

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】リアル過ぎる赤ちゃん人形が愛される理由