Newsweek

冷泉彰彦

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

民主党予備選、穏健派がどの候補に一本化できるかが今後の焦点

2020年02月13日(木)16時15分

    7)今後の展開として、大きな軸としては左派と穏健派の全面対決という構図。左派のサンダースは突っ走るだろうが、民主党の過半数を占める穏健派は切り崩せないだろうし、ブルームバーグはサンダース阻止に全力を上げるだろう。

    8)穏健派の大同団結シナリオとして、クロブチャーがウォーレンの女性票を吸収した後に、クロブチャーとブティジェッジが共闘するということは十分にあり得るし、そうなればバイデン票もまとめることはできるだろう。場合によってはそこにブルームバーグの資金が投入される可能性もある。その場合はどう考えても国政経験豊富なクロブチャーを大統領候補にする方がバランスはいいという考え方もある。

    9)ただし、ブルームバーグは銃規制に強い思いがあり、中西部出身のクロブチャーとブティジェッジがその点でお互いに全面的に共闘できるかは、一抹の不安がある。

    10)仮にブルームバーグの資金まで含めて民主党穏健派が共闘するとなると、サンダース派は強く反発して、最悪の場合は分裂選挙となり、結局トランプが漁夫の利を得て高笑いという可能性も。

    11)そう考えると、仮にクロブチャーもしくはブティジェッジが旋風の中心となっていった場合には、サンダース本人だけでなく、サンダース支持者も取り込まなくてはならない。そうでないと、表面的には民主党内の一本化ができてもサンダース派が棄権して、ヒラリーの二の舞になる。世論調査では「候補が誰でも結束してトランプを倒す」という意見が圧倒的多数として出るが、ホンネは分からない。

    12)ということは、穏健派が一本化した場合に、サンダース派の政策を全否定せずに部分的には取り入れていく必要がある。これは、自由経済と自由貿易の守護神であるブルームバーグには不可能。クロブチャーもしくはブティジェッジが、例えば医療保険は漸進主義だが、大学無償化は思い切ってやるなど、左派との政策協定を柔軟にできれば民主党の真の一本化、すなわち本選勝利の目が出てくる。

    現時点では言えるのはこのぐらいでしょう。まったくもって、政局というのはどこの国でも「一寸先は闇」ですが、とりあえず上記のような仮説を持ちつつ、今後の推移を注視していきたいと思います。

    1つ驚いたのは、2016年にヒラリーを相手に60%の得票率で大勝したサンダースが、4年後の今回は半分以下の25.7%だったという点です。これはサンダースが苦戦したとか、候補乱立の結果というのと同時に、4年間で有権者の多くが入れ替わっているということも意味しています。学生票はほぼ100%入れ替わっていますし、就職などで転出・転入する人口も非常に多いわけで、過去のデータはあまり当てにならないということです。

    もう1つ意外だったのは、2月7日のテレビ討論で大成功を収めたクロブチャー候補が、20%近い得票率まで急上昇したということです。この情報伝播のスピードということでも、今回は2016年よりもさらに変化の激しい選挙戦になるかもしれません。

    プロフィール

    プロフィール

    冷泉彰彦

    (れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

    最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:Black Lives Matter

    本誌 最新号

    特集:Black Lives Matter

    今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

    2020年7月 7日号  6/30発売

    人気ランキング

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 3

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まっていた

    • 4

      韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

    • 5

      コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

    • 6

      「大した問題でもないのにやり過ぎ」北朝鮮幹部、金…

    • 7

      急速に勢いを失いつつあるトランプ、大統領選の潮目…

    • 8

      海王星の「ダイヤモンドの雨」を新たな手法で解析

    • 9

      山本太郎の胸のうち「少なくとも自分は、小池さんに…

    • 10

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 1

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 2

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 3

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

    • 4

      BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

    • 5

      米南部の感染爆発は変異株の仕業?

    • 6

      韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

    • 7

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

    • 8

      米中スパコン戦争が過熱する中、「富岳」の世界一が…

    • 9

      スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、…

    • 10

      韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

    • 1

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 2

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 3

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持表明、鍵握る麻生副総理

    • 4

      自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

    • 5

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

    • 6

      宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

    • 7

      「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

    • 8

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 9

      傲慢な中国は世界の嫌われ者

    • 10

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場