Newsweek

冷泉彰彦

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

コロナ危機、人種分断、経済再生──次々に噴き出す米政治の課題

2020年06月04日(木)15時40分
    コロナ危機、人種分断、経済再生──次々に噴き出す米政治の課題

    ブッシュ元大統領も平和的デモへの支持を表明 Jonathan Ernst-REUTERS

    <米正規軍の動員を考えていたトランプだが、現職の国防長官から制止されて一旦は沈黙している>

    5月25日(月)にミネソタ州ミネアポリスで発生した黒人男性ジョージ・フロイド氏が警官の暴行で死亡した事件ですが、直後から始まった抗議行動が、28日以降は全国に広がりました。特に29日(金)からの週末は、全国の主要都市では平和的な行進だけでなく、暴力的なデモに発展することもあり、国中が騒然としていました。

    そんななかで、トランプ大統領は徐々に強硬姿勢を強め、全国知事会に「諸君は弱腰、治安維持には力で」などと強硬なメッセージを出したり、また首都ワシントンDCにおける平和的なデモへの弾圧を指示したと思われる点が、大きく批判されていました。

    問題が動いたのは6月3日(水)です。この日、ミネソタ州検察は、犯行に加わった4人の警官の全員をあらためて起訴しました。主犯格のディレク・ショービン容疑者は、5月29日に「第3級殺人」の容疑で逮捕されていたのですが、今回「第2級殺人」に容疑が変更になりました。これで最高刑は禁錮25年から40年に拡大されたことになります。ちなみにミネソタ州は1911年以来、死刑廃止州として、1世紀を越える歴史があります。

    また暴行当時、一緒に行動して「取り押さえ」の手助けをした元警官(既に免職)3人に関する処遇も決まり、「第2級殺人のほう助・教唆」という容疑で拘束されています。

    ということで、とりあえず被害者の遺族、そしてデモ隊が要求していた法の裁きということでは、最初の関門が開いたことになります。これと前後して、3日には様々な動きがありました。

    「若者たちが立ち上がったことには希望がある」

    まず、クリントン、オバマに続いて大統領経験者であるジョージ・W・ブッシュが今回の問題に関する平和的デモへの支持を表明しました。最近のこの人の言動からはそれほどの驚きはないのですが、それなりに重みのあるニュースとして伝えられています。

    一方で、オバマ前大統領はネット演説を行い、そのなかで発した次のようなメッセージが話題になりました。

    「ベトナム戦争や公民権などで社会が分断されていた60年代・70年代と比較すると、現在のほうが多様性の保障されるよりよい社会に近づいている」

    「その60年代に『わたしには夢がある』という演説で人々に感動を与えたキング牧師も当時は若者(34歳)だった。今、人種分断に抗議して立ち上がったのも若者であり、そこに希望がある」

    「警官による暴力は実務的に克服できる。全国の市長の皆さんは具体的な防止対策にすぐに着手していただきたい」

    このオバマ演説は、「一連の事態の中で初めてリーダーらしい、大統領らしいメッセージを聞いた(CNNのキャスター、ドン・レモン氏)」というような評価が多く、大変に話題になっています。

    プロフィール

    プロフィール

    冷泉彰彦

    (れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

    最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

      • 1

        コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

      • 2

        中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

      • 3

        【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスクとの向き合い方

      • 4

        抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

      • 5

        アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

      • 6

        南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

      • 7

        K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

      • 8

        学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

      • 9

        奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

      • 10

        再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

      • 1

        コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

      • 2

        中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

      • 3

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 4

        中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

      • 5

        中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

      • 6

        韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

      • 7

        宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

      • 8

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

      • 9

        アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

      • 10

        戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る