Newsweek

冷泉彰彦

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

五輪開催か中止か、そのコストをどうするのか......重大問題の議論が見えない組織委員会の会長人事

2021年02月19日(金)14時40分
    五輪開催か中止か、そのコストをどうするのか......重大問題の議論が見えない組織委員会の会長人事

    森元会長の後任には橋本聖子氏の就任が決まった Yuichi Yamazaki/Pool/REUTERS

    <開催するにしても中止するにしても、そのコスト管理には高いマネジメント力と説明スキルが求められる>

    東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長人事については、どうにも理解し難いものがあります。橋本聖子氏に決定した経緯が「全会一致でした」という報告が「透明性」だというのも社会をバカにした話ですし、そもそも現時点での人事ということであれば、次の2点は外せないと思うからです。

    プロフィール

    プロフィール

    冷泉彰彦

    (れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

    最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

    本誌紹介

    特集:岐路のビットコイン

    本誌 最新号

    特集:岐路のビットコイン

    大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

    2021年4月13日号  4/ 6発売

    人気ランキング

    • 1

      緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

    • 2

      「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

    • 3

      ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿下の死去で適用される英王室の厳格な規定

    • 4

      「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国…

    • 5

      今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

    • 6

      メーガン妃のまことしやかな被害者談に惑わされるな

    • 7

      北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

    • 8

      洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

    • 9

      ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

    • 10

      硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

    • 1

      太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

    • 2

      カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

    • 3

      硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

    • 4

      アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

    • 5

      緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

    • 6

      観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

    • 7

      北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

    • 8

      洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

    • 9

      ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

    • 10

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    • 1

      太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

    • 2

      観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

    • 3

      国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

    • 4

      「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

    • 5

      30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

    • 6

      EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

    • 7

      親指の爪ほどの貝がインフラを破壊する 侵略的外来…

    • 8

      孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

    • 9

      ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

    • 10

      カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】アフリカの小国ジブチに注がれる熱視線