Newsweek

冷泉彰彦

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

2021年02月25日(木)15時20分

    菅首相の長男らによる総務官僚への接待は国会で大きな議論に Issei Kato-REUTERS

    <ネットで占有率の高い動画サイトやストリーミング・サービスはいずれも外資で、売り上げに対する課税も十分にできていない>

    今回の総務省幹部への接待問題では、確かに許認可権のある当局者に対する利害関係者の接待の問題、そしてそこに政治家の親族が絡む公私混同というのは深刻な問題です。重要ではあります。ですが、「電波行政の歪み」という問題を考えるのであれば、本当の問題点は「そこではない」という違和感を覚えます。

    プロフィール

    プロフィール

    冷泉彰彦

    (れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

    最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

    本誌紹介

    特集:歴史に学ぶ  感染症の終わり方

    本誌 最新号

    特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

    ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

    2021年4月27日号  4/20発売

    人気ランキング

    • 1

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 2

      ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

    • 3

      脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚くべき生態明らかに

    • 4

      史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

    • 5

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

    • 6

      誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

    • 7

      菅首相が「国際公約」にしてしまった東京五輪の現実…

    • 8

      ワクチン接種後はマスクなしでOK?──米CDCが指針を発表

    • 9

      イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイー…

    • 10

      ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

    • 1

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 2

      ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

    • 3

      青色の天然着色料が発見される

    • 4

      脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

    • 5

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

    • 6

      ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

    • 7

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

    • 8

      ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

    • 9

      日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

    • 10

      女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

    • 1

      太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

    • 2

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 3

      観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

    • 4

      「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

    • 5

      EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

    • 6

      30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

    • 7

      孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

    • 8

      ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

    • 9

      カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

    • 10

      硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】シリア内戦、10年目の絶望と救い