Newsweek

ロッシェル・カップ

TEDで学ぶLive English

専門家に騙されないためにやるべきこと/take on(対決する)

2017年11月23日(木)12時20分
    専門家に騙されないためにやるべきこと/take on(対決する)

    www.ted.comより

    【今週のTED Talk動画】
    How to use experts--and when not to
    https://www.ted.com/talks/noreena_hertz_how_to_use_experts_and_when_not_to

    プロフィール

    プロフィール

    ロッシェル・カップ

    Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ケント・ギルバート現象

    本誌 最新号

    特集:ケント・ギルバート現象

    人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

    2018年10月30日号  10/23発売

    人気ランキング

    • 1

      ここまで分かった「学習」の科学 繰り返し読む、蛍光ペンでマーク...意味ある?

    • 2

      アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

    • 3

      9割の食塩にプラスチック片、成人1人当たり年間2000個が体内に

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      背景には「中国製造2025」──習近平による人民の対日…

    • 6

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

    • 7

      心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

    • 8

      「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

    • 9

      ドイツで潰えたグリーン電力の夢

    • 10

      世界の海洋プラスチック廃棄物の9割は、わずか10の河…

    • 1

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

    • 2

      ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

    • 3

      アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

    • 4

      心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

    • 5

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 6

      ドイツで潰えたグリーン電力の夢

    • 7

      ここまで分かった「学習」の科学 繰り返し読む、蛍…

    • 8

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

    • 1

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 2

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

    • 3

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 4

      ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

    • 5

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 6

      「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

    • 7

      発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

    • 8

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 9

      韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

    • 10

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい