Newsweek

ロッシェル・カップ

TEDで学ぶLive English

ワーク・ライフ・バランスに関する1つの重要な指摘/address(対処する)

2018年12月03日(月)11時35分

    登場するボキャブラリー

    【thorny】厄介な、論点の多い。マーシュ氏によると、ワーク・ライフ・バランスはthornyな課題だそうです。

    【desperation】自暴自棄、絶望。マーシュ氏の意見では、多くの人の生活はdesperationに満ちているといいます。

    【nub】核心、中心。マーシュ氏によると、金曜日にカジュアルな洋服を着てもいいというような会社の表面的な方策は、ワーク・ライフ・バランスの問題のnubに関する解決にはならないそうです。

    【abattoir】食肉処理場。マーシュ氏は、ブラック企業は人間の魂を殺してしまう場所だと考えます。

    【attend to】~に注意を払う、~を処理する。マーシュ氏は、人生の全ての側面にattend toする必要があると指摘します。

    【daunting】手ごわい、ひるんでしまう、大変な。マーシュ氏は、やりたいことを全部しようとするのはdauntingであると述べています。

    【upheaval】大変動、激変。マーシュ氏によると、よりバランスのとれた人生を送るために、生活にupheavalを起こす必要があるとは限らないそうです。

    プロフィール

    プロフィール

    ロッシェル・カップ

    Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

    • 2

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 5

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 6

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

    • 9

      新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

    • 10

      東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

    • 1

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

    • 2

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊…

    • 5

      カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

    • 6

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

    • 9

      反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

    • 10

      ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    • 7

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 8

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 9

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 10

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩