Newsweek

Q.サカマキ

Instagramフォトグラファーズ

ビーチ・ライフがアイデンティティ形成に果たす役割

2016年09月28日(水)16時56分

     また、彼女は言う。子供というものが先天的に持っている素直さとか美しさに、自分の子供が生まれる前から常に魅惑されてきた。彼らと一緒に時を過ごすことは、魔法の世界へ招待されたようなものだ、と。グローナは、子供時代の無邪気さと不安の間にあるリンク(繋がり)にも非常に興味があるそうだ。

     今、私の2人の子どもは、行事や遊びを通して互いに目に見えない糸を築き始めている。そうしたもの、あるいは取り囲む環境こそが(娘たちを含め)彼ら子供たちのアイデンティティを築きあげていく。それをプロジェクトとして見極めていきたい――彼女は続けてそう語った。

    【参考記事】娘を撮り続ける「ファミリーフォトジャーナリズム」とは何か

     トレント・パークをはじめ、オーストラリアの優れた写真家の作品には、しばしば都会的な洗練さとプリミティヴさが同居している。それが見る者に対してマジカルな親密性を作り出す。グローナが言うように、それは先進国でありながら、大自然が彼らのアイデンティティ形成に大きな役割を果たしているオーストラリアだからこそ、かもしれない。

    今回ご紹介したInstagramフォトグラファー:
    Natalie Grono @nataliegrono

    プロフィール

    プロフィール

    Q.サカマキ

    写真家/ジャーナリスト。
    1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
    インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
    http://www.qsakamaki.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:東京五輪を襲う中国ダークウェブ

    本誌 最新号

    特集:東京五輪を襲う中国ダークウェブ

    無防備な日本と東京五輪を狙う中国ハッカーたち── ネットの奥深くで始まったサイバー作戦の狙いは?

    2018年11月27日号  11/20発売

    人気ランキング

    • 1

      カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

    • 2

      ゴーンの何が悪いのか?

    • 3

      性器を握り、触る......「捕食者」と呼ばれる国連高官の手口と国連の闇

    • 4

      APEC執務室に乱入した中国代表──国際スタンダードな…

    • 5

      日本の潜水艦「おうりゅう」が世界に先駆けリチウム…

    • 6

      「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

    • 7

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 8

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 9

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    • 10

      中国の核融合実験装置(人工太陽)で太陽の約7倍に…

    • 1

      「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

    • 2

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 3

      カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

    • 4

      インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

    • 5

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 6

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 7

      人肉食が予防した不治の病

    • 8

      ゴーンの何が悪いのか?

    • 9

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

    • 10

      BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

    • 1

      ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

    • 2

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

    • 4

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 5

      「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

    • 6

      安倍首相はよく耐えた!

    • 7

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

    • 8

      人肉食が予防した不治の病

    • 9

      全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい