Newsweek

Q.サカマキ

Instagramフォトグラファーズ

ビーチ・ライフがアイデンティティ形成に果たす役割

2016年09月28日(水)16時56分

     また、彼女は言う。子供というものが先天的に持っている素直さとか美しさに、自分の子供が生まれる前から常に魅惑されてきた。彼らと一緒に時を過ごすことは、魔法の世界へ招待されたようなものだ、と。グローナは、子供時代の無邪気さと不安の間にあるリンク(繋がり)にも非常に興味があるそうだ。

     今、私の2人の子どもは、行事や遊びを通して互いに目に見えない糸を築き始めている。そうしたもの、あるいは取り囲む環境こそが(娘たちを含め)彼ら子供たちのアイデンティティを築きあげていく。それをプロジェクトとして見極めていきたい――彼女は続けてそう語った。

    【参考記事】娘を撮り続ける「ファミリーフォトジャーナリズム」とは何か

     トレント・パークをはじめ、オーストラリアの優れた写真家の作品には、しばしば都会的な洗練さとプリミティヴさが同居している。それが見る者に対してマジカルな親密性を作り出す。グローナが言うように、それは先進国でありながら、大自然が彼らのアイデンティティ形成に大きな役割を果たしているオーストラリアだからこそ、かもしれない。

    今回ご紹介したInstagramフォトグラファー:
    Natalie Grono @nataliegrono

    プロフィール

    プロフィール

    Q.サカマキ

    写真家/ジャーナリスト。
    1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
    インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
    http://www.qsakamaki.com

    本誌紹介

    特集:BTSが変えた世界

    本誌 最新号

    特集:BTSが変えた世界

    常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

    2020年12月 1日号  11/25発売

    人気ランキング

    • 1

      プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

    • 2

      次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

    • 3

      「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

    • 4

      中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

    • 5

      熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

    • 6

      スタートした政権移行作業、トランプはどうして認め…

    • 7

      ビルボード1位獲得のBTS──ダイナマイトな快進撃の舞…

    • 8

      グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

    • 9

      オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

    • 10

      麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

    • 1

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

    • 2

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 3

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

    • 4

      【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

    • 5

      プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

    • 6

      次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

    • 7

      やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

    • 8

      大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

    • 9

      11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

    • 10

      中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

    • 1

      アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

    • 2

      半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

    • 3

      アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

    • 4

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

    • 5

      アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

    • 6

      事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

    • 7

      世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

    • 8

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 9

      トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

    • 10

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「自粛」が可視化した東京の現実