Newsweek

Q.サカマキ

Instagramフォトグラファーズ

ビーチ・ライフがアイデンティティ形成に果たす役割

2016年09月28日(水)16時56分

 また、彼女は言う。子供というものが先天的に持っている素直さとか美しさに、自分の子供が生まれる前から常に魅惑されてきた。彼らと一緒に時を過ごすことは、魔法の世界へ招待されたようなものだ、と。グローナは、子供時代の無邪気さと不安の間にあるリンク(繋がり)にも非常に興味があるそうだ。

 今、私の2人の子どもは、行事や遊びを通して互いに目に見えない糸を築き始めている。そうしたもの、あるいは取り囲む環境こそが(娘たちを含め)彼ら子供たちのアイデンティティを築きあげていく。それをプロジェクトとして見極めていきたい――彼女は続けてそう語った。

【参考記事】娘を撮り続ける「ファミリーフォトジャーナリズム」とは何か

 トレント・パークをはじめ、オーストラリアの優れた写真家の作品には、しばしば都会的な洗練さとプリミティヴさが同居している。それが見る者に対してマジカルな親密性を作り出す。グローナが言うように、それは先進国でありながら、大自然が彼らのアイデンティティ形成に大きな役割を果たしているオーストラリアだからこそ、かもしれない。

今回ご紹介したInstagramフォトグラファー:
Natalie Grono @nataliegrono

人気記事はこちら

プロフィール

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

注目のキーワード

注目のキーワード

ニューストピックス

本誌紹介

特集:安心なエアラインの選び方

本誌 最新号

特集:安心なエアラインの選び方

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

2017年7月 4日号  6/27発売

人気ランキング

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 5

    ブレグジット大惨事の回避策

  • 6

    スマホの存在で能力低下 能力発揮したければスマホ…

  • 7

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 8

    イギリス高層住宅の外壁に可燃性素材 イングランド…

  • 9

    乗員7人死亡の米イージス駆逐艦、衝突前コンテナ船が…

  • 10

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 1

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 2

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 5

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 6

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい