Newsweek

Q.サカマキ

Instagramフォトグラファーズ

ビーチ・ライフがアイデンティティ形成に果たす役割

2016年09月28日(水)16時56分

     また、彼女は言う。子供というものが先天的に持っている素直さとか美しさに、自分の子供が生まれる前から常に魅惑されてきた。彼らと一緒に時を過ごすことは、魔法の世界へ招待されたようなものだ、と。グローナは、子供時代の無邪気さと不安の間にあるリンク(繋がり)にも非常に興味があるそうだ。

     今、私の2人の子どもは、行事や遊びを通して互いに目に見えない糸を築き始めている。そうしたもの、あるいは取り囲む環境こそが(娘たちを含め)彼ら子供たちのアイデンティティを築きあげていく。それをプロジェクトとして見極めていきたい――彼女は続けてそう語った。

    【参考記事】娘を撮り続ける「ファミリーフォトジャーナリズム」とは何か

     トレント・パークをはじめ、オーストラリアの優れた写真家の作品には、しばしば都会的な洗練さとプリミティヴさが同居している。それが見る者に対してマジカルな親密性を作り出す。グローナが言うように、それは先進国でありながら、大自然が彼らのアイデンティティ形成に大きな役割を果たしているオーストラリアだからこそ、かもしれない。

    今回ご紹介したInstagramフォトグラファー:
    Natalie Grono @nataliegrono

    プロフィール

    プロフィール

    Q.サカマキ

    写真家/ジャーナリスト。
    1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
    インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
    http://www.qsakamaki.com

    本誌紹介

    特集:歴史に学ぶ  感染症の終わり方

    本誌 最新号

    特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

    ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

    2021年4月27日号  4/20発売

    人気ランキング

    • 1

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 2

      親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

    • 3

      大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカの「頭の固い」ファンを黙らせた

    • 4

      謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

    • 5

      時価総額はついに1兆ドル! ビットコインのすさまじ…

    • 6

      子どもの自己肯定感を高める、あるアイテムと深い理由

    • 7

      観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

    • 8

      脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

    • 9

      【動画】旅客機の空中「チキンレース」

    • 10

      ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

    • 1

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 2

      ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

    • 3

      脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚くべき生態明らかに

    • 4

      謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

    • 5

      親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

    • 6

      大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

    • 7

      女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

    • 8

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

    • 9

      史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

    • 10

      原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

    • 1

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 2

      太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

    • 3

      観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

    • 4

      「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

    • 5

      孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

    • 6

      ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

    • 7

      カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

    • 8

      硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

    • 9

      ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

    • 10

      脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】シリア内戦、10年目の絶望と救い