Newsweek

Q.サカマキ

Instagramフォトグラファーズ

ビーチ・ライフがアイデンティティ形成に果たす役割

2016年09月28日(水)16時56分

     また、彼女は言う。子供というものが先天的に持っている素直さとか美しさに、自分の子供が生まれる前から常に魅惑されてきた。彼らと一緒に時を過ごすことは、魔法の世界へ招待されたようなものだ、と。グローナは、子供時代の無邪気さと不安の間にあるリンク(繋がり)にも非常に興味があるそうだ。

     今、私の2人の子どもは、行事や遊びを通して互いに目に見えない糸を築き始めている。そうしたもの、あるいは取り囲む環境こそが(娘たちを含め)彼ら子供たちのアイデンティティを築きあげていく。それをプロジェクトとして見極めていきたい――彼女は続けてそう語った。

    【参考記事】娘を撮り続ける「ファミリーフォトジャーナリズム」とは何か

     トレント・パークをはじめ、オーストラリアの優れた写真家の作品には、しばしば都会的な洗練さとプリミティヴさが同居している。それが見る者に対してマジカルな親密性を作り出す。グローナが言うように、それは先進国でありながら、大自然が彼らのアイデンティティ形成に大きな役割を果たしているオーストラリアだからこそ、かもしれない。

    今回ご紹介したInstagramフォトグラファー:
    Natalie Grono @nataliegrono

    プロフィール

    プロフィール

    Q.サカマキ

    写真家/ジャーナリスト。
    1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
    インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
    http://www.qsakamaki.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

    • 3

      クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、厚労省を告発

    • 4

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

    • 5

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 6

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 7

      今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア…

    • 8

      新型コロナウイルス、クルーズ船の悲劇はまだ終わっ…

    • 9

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 10

      誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」…

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

    • 3

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

    • 4

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 5

      中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

    • 6

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 7

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 8

      今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」…

    • 9

      「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

    • 10

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 3

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 4

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 5

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 6

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 7

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 8

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 9

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    • 10

      「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】流血と破壊に蹂躙される現代の暗黒郷アマゾン