Newsweek

Q.サカマキ

Instagramフォトグラファーズ

ビーチ・ライフがアイデンティティ形成に果たす役割

2016年09月28日(水)16時56分

     また、彼女は言う。子供というものが先天的に持っている素直さとか美しさに、自分の子供が生まれる前から常に魅惑されてきた。彼らと一緒に時を過ごすことは、魔法の世界へ招待されたようなものだ、と。グローナは、子供時代の無邪気さと不安の間にあるリンク(繋がり)にも非常に興味があるそうだ。

     今、私の2人の子どもは、行事や遊びを通して互いに目に見えない糸を築き始めている。そうしたもの、あるいは取り囲む環境こそが(娘たちを含め)彼ら子供たちのアイデンティティを築きあげていく。それをプロジェクトとして見極めていきたい――彼女は続けてそう語った。

    【参考記事】娘を撮り続ける「ファミリーフォトジャーナリズム」とは何か

     トレント・パークをはじめ、オーストラリアの優れた写真家の作品には、しばしば都会的な洗練さとプリミティヴさが同居している。それが見る者に対してマジカルな親密性を作り出す。グローナが言うように、それは先進国でありながら、大自然が彼らのアイデンティティ形成に大きな役割を果たしているオーストラリアだからこそ、かもしれない。

    今回ご紹介したInstagramフォトグラファー:
    Natalie Grono @nataliegrono

    プロフィール

    プロフィール

    Q.サカマキ

    写真家/ジャーナリスト。
    1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
    インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
    http://www.qsakamaki.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:5Gの世界

    本誌 最新号

    特集:5Gの世界

    超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

    2019年3月26日号  3/19発売

    人気ランキング

    • 1

      「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自主返納広がる

    • 2

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 3

      またもプラゴミがクジラの命奪う 胃に40Kgのゴミ飲み込み餓死

    • 4

      日本の重要性を見失った韓国

    • 5

      「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

    • 6

      四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

    • 7

      亡命生活60年となったダライ・ラマ 気がかりな継承者…

    • 8

      中国が南シナ海で新たに「人工島の街」建設を計画

    • 9

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

    • 10

      韓国と日本、政治と観光は別──両国を行き来する人々…

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

    • 3

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 4

      韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

    • 5

      500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

    • 6

      性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

    • 7

      許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

    • 8

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 9

      北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

    • 10

      日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

    • 3

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 4

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

    • 5

      自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

    • 6

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 7

      【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

    • 8

      【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

    • 9

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 10

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい