Newsweek

Q.サカマキ

Instagramフォトグラファーズ

写真がゴミのように消費され、東洋が異質なものとして見られる時代に

2018年09月28日(金)12時10分
    写真がゴミのように消費され、東洋が異質なものとして見られる時代に

    From Serkan Çolak @serkanncolak

    <トルコの写真家セルカン・コラックのインスタグラム作品は「ビジュアルダイアリー的なもの」。しかし、潜在的に2つの写真哲学が大きく存在している>

    今回取り上げるInstagramフォトグラファーは、トルコの南西部で生まれ育ち、現在は同国西部のイズミールに在住する37歳のドキュメンタリー写真家、セルカン・コラックだ。写真は独学で習い、本職は中学校の体育教師である。

    プロフィール

    プロフィール

    Q.サカマキ

    写真家/ジャーナリスト。
    1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
    インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
    http://www.qsakamaki.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:移民の歌

    本誌 最新号

    特集:移民の歌

    「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

    2018年12月11日号  12/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 2

      ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

    • 3

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 4

      カルロス・ゴーン逮捕に見る日本の司法制度の異常さ

    • 5

      「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

    • 6

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

    • 7

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 8

      ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

    • 9

      8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

    • 10

      忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

    • 1

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 2

      世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

    • 3

      忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が倒産している

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 6

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

    • 7

      倒産する大学の4つの特徴:地方、小規模、名称変更、…

    • 8

      韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

    • 9

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 10

      自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

    • 1

      「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

    • 2

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 5

      恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

    • 6

      カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

    • 7

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 8

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    • 9

      世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

    • 10

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい