Newsweek

Q.サカマキ

Instagramフォトグラファーズ

人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗る豚......すべて「白夜」の続き

2019年01月17日(木)16時00分
    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗る豚......すべて「白夜」の続き

    From Feng Li @fenglee313

    <これらは現在の中国で起こっている現実だと、四川省成都の写真家、フェン・リーは言う>

    時代、あるいは社会の急激な大変動は、しばしば優れたアーティストを生み出す。中国はまさにそんな歴史的急変を体験し続けている国だ。

    北京や上海だけではない。他の地域からも多くの才能が生まれている。時代が彼らをプッシュし、彼らがまた新たな時代の扉を叩く。そして写真もそうした類に漏れない。

    今回取り上げるのは、まさにそうした時代の中で生まれた人物。四川省の成都で生まれ育ったフェン・リーだ。同省の役所の広報部に属し、地域の発展やイベントを、たぶんプロパガンダ的にパーフェクトに撮影することを旨とする47歳の写真家である。

    彼を一躍世界的に有名にしたのは、もちろん政府絡みの優等生的な写真ではない。彼個人のプロジェクトだ。「白夜シリーズ」である。

    「白夜シリーズ」は、2005年の冬に始まった。リーが役所のアサインメントの撮影で赴いた、成都郊外のランタン・フェスティバルがきっかけだ。冬の畑の、まだ真っ暗な早朝で霧が一杯だった。その中で、自分がどこにいるのか分からなくなったという。

    リーの話によれば、目の前に小さな道が伸び、道の終わりには高い位置にきらめく光が霧間から見え、灯台のようだった。1本の木、1本の巨大なクリスマスツリーが空から降りてきて、辺りを照らし出し、訳の分からない怪獣が隣で叫び、奇妙な男女がギシギシとロボットの舞を踊り、他に比べるものがないほど背の高い蓮のような巨大クラゲ、そしてニヤリと笑うパンダが一歩一歩近づいて来たのだという。

    真夜中の畑はまるで白夜のようで、その馬鹿げたようなシーンの中でリーは唯一の観客だった。それらのシーンは彼だけのもののように思われたという。

    それ以後、その夜の光景が彼の頭にこびりつき、彼はその再現を追い求めるようになった。例えば、死にかけてもだえる人、人の頭を持った男、蝶の羽を持つ人、鋭いナイフを持ってやって来る人、雷に照らされたウェディングドレス、指がなく血が付いたままの手を風よけにしながらタバコに火をつける人......。そうしたものは、全てあの冬の日の続きだ。それがリーの白夜の世界、パーソナル・プロジェクトである。

    そうした「再現」の世界は、彼がランタン・フェスティバルの畑で見たものと同じで、しばらくは本物か幻想かはっきりしていなかったとリーは語る。だがこれらは、あくまでも、現在の中国で起こっている現実だ。彼自身、「現実」と言い切る。

    プロフィール

    プロフィール

    Q.サカマキ

    写真家/ジャーナリスト。
    1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
    インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
    http://www.qsakamaki.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

    • 2

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 3

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)若者たち

    • 4

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

    • 5

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 6

      韓国激震、新型コロナウイルスで初の死者 感染急増1…

    • 7

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 8

      全長4mのワニ、ドローン行方不明などで救助作戦失敗…

    • 9

      【新型肺炎】東京五輪開催、間に合うか? ロンドン…

    • 10

      誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」…

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

    • 3

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

    • 4

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 5

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 6

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

    • 7

      中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

    • 8

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 9

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 10

      「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

    • 1

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 2

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 3

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 4

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

    • 5

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 6

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 7

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 8

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 9

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 10

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】シリコンバレー、格差社会の日常