Newsweek

Q.サカマキ

Instagramフォトグラファーズ

人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗る豚......すべて「白夜」の続き

2019年01月17日(木)16時00分

    批評家を含む多くの者が、彼の「白夜シリーズ」の作品を奇妙、あるいはダークだと評しているが、それについても、「暗いテーマでも奇妙なテーマでもない。単なる現実の常態の1つだ」と答えてくれた。

    「私が撮影した『白夜シリーズ』などの写真は、主に人間性を反映している。人間性についての主観的な感情表現にすぎない。単純なドキュメンタリー写真でもない」

    ビジュアルテクニック的には、一見すると、写真を始めたばかりの素人に見えるかもしれない。クリップオンのフラッシュを多用し、構図や美的感覚などもリーは気にしていないように見える。結果的に、写真にとって大切な決定的瞬間を逃しているとも、しばしば批評される。

    だが、成都を含む中国の大都会やその周辺の多くは、一年の大半がスモッグで白っぽい風景になっていることが多い。その中で被写体を浮かび上がらせるためには、時にフラッシュが効果的だ。また、強烈なフラッシュライトが生み出す影は、リー自身がステートメント(概要説明)で述べているように、魂の影だ。ある種、彼の心象風景の一部になるのだろう。

    ただ、構図と美的感覚については、確かにそれほど気を遣っていないかもしれない。しばしば被写体と準被写体、あるいは背景とのセパレーションを無視してフラッシュを焚いているため、写真の中で各要素が重なり合い、反発し合って見えるからだ。

    そうすると、通常なら美しい抜けや、あるいは気持ちいいとされる距離感を生み出さない。マイナスになることさえ多い。

    とはいえ、そうした構図や美的感覚は、リーが写真において、あるいは作品において何に大きなウェイトを置いているかによって変わってくる。そしてそれは、逆説的だが――また一般的な定義とは違うが――決定的瞬間なのだ。リー自身、イメージを切り取ったその瞬間が彼にとっての決定的瞬間だという。

    つまりは、こういうことだろう。

    成都の風景は彼の子供の頃と比べて、まったく変わってしまった。それどころか、大変動を遂げている中国では、現在の光景でさえ数年経てば見られなくなるかもしれない。そんなバックグラウンドの中で、リーは彼自身の白夜を、逃せばもう二度と巡り合わないかもしれない人間性という名の心象風景を、現実として切り取ろうとしているのだ。

    それが通俗的な美的感覚などどうでもいいほどに生の魅力を放っているのである。

    今回ご紹介したInstagramフォトグラファー:
    Feng Li @fenglee313

    プロフィール

    プロフィール

    Q.サカマキ

    写真家/ジャーナリスト。
    1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
    インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
    http://www.qsakamaki.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:AI vs. 癌

    本誌 最新号

    特集:AI vs. 癌

    ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

    2019年10月22日号  10/16発売

    人気ランキング

    • 1

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 2

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 3

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

    • 4

      日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

    • 5

      ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

    • 6

      米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

    • 7

      トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

    • 8

      ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

    • 9

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

    • 10

      自宅でのネコの態度で分かる! 飼い主との生物の種…

    • 1

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 2

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

    • 3

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 4

      日本に巣食う「嫌韓」の正体

    • 5

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

    • 6

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

    • 7

      「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

    • 8

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 9

      日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

    • 10

      ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 3

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

    • 6

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 7

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 8

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

    • 9

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 10

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調