Newsweek

Q.サカマキ

Instagramフォトグラファーズ

花のマスクをかぶった「最後のマッチョ」──老いた現実

2019年04月04日(木)20時15分
    花のマスクをかぶった「最後のマッチョ」──老いた現実

    From Aki-Pekka Sinikoski @akipekkasinikoski

    <「Last Machos」のテーマは「フィンランド人男性とは何なのか」。独特の写真哲学でフィンランドの人々を撮るアキ・ペッカ・シニコスキー>

    今回取り上げる写真家は、フィンランド人のアキ・ペッカ・シニコスキーだ。その写真手法はファインアート的でありながら、本人は「ドキュメンタリー写真家」と自称する40歳の男性である。

    独特の写真哲学を持っている。写真は現実の前にある、透き通るカーテンのようなものと定義している。その瞬間は永続的な一つのアイデンティティを表してくれるが、時としてさまざまなものを覆い隠すのだという。目に見えている現実の裏にもさまざまな事実があり、またその瞬間その瞬間ごとに、われわれのアイデンティティはさまざまな形に変化する、と。

    多くの写真プロジェクトは、独創的でコンセプチュアルだ。例えば、フィンランドの戦後世代(第二次世界大戦後の世代)である年老いた人々を被写体とした「Last Machos」シリーズ。そのタイトル――「最後のマッチョたち」――が示すように、がんこで、とっつきにくく、マッチョをプライドとする、つい最近までフィンランドに典型的と言われた人たちだ。

    ただし、マッチョそのものがテーマではない。老いた現実、それに直面する人間の変化と孤独、そしてフィンランド人男性とは何なのかが真のテーマだ。それは世代、ライフスタイルに違いこそあれ、シニコスキーの初期のプロジェクト「Finnish Teens」(フィンランドのティーンたち)から同様なテーマとして継続されたシリーズでもある。

    いろいろな写真手法により「Last Machos」は撮影されている。典型的なストリートフォトグラフィーや伝統的なポートレートだけでなく、見えないものへのドキュメンタリーとしてもだ。

    3番目のドキュメンタリーでは、ストリートフォトグラフィーではまず遭遇できないであろう家の中に閉じこもった人々がしばしば被写体になっている。彼らの隠された心情を描写した写真だ。被写体との話し合いを重視し、年老いた彼らに他人からどう見られたいかを尋ね、その心情をメタファーとして構築している。

    冒頭の写真は、その一例だ。被写体の男性は、筋肉がなくなり、皮膚が垂れ下がり、日常の動きは緩慢になってきている。長年連れ添った妻はもはや歩くことができない。若かったときは美しい花のようだったはずなのに、今や人生の晩秋で、自身の葉はなくなり続けていると感じている。

    プロフィール

    プロフィール

    Q.サカマキ

    写真家/ジャーナリスト。
    1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
    インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
    http://www.qsakamaki.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:進撃のYahoo!

    本誌 最新号

    特集:進撃のYahoo!

    メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

    2019年12月17日号  12/10発売

    人気ランキング

    • 1

      インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

    • 2

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

    • 3

      トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの1人に

    • 4

      白人夫婦の中華料理店、「クリーン」を売りにしたら…

    • 5

      自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子…

    • 6

      筋肉だけでなく、スピード・反射神経も高める「囚人…

    • 7

      フィンランド、34歳女性首相に託されたリベラルを救…

    • 8

      東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

    • 9

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 10

      これがフィンランドの新内閣 34歳サンナ・マリーン首…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

    • 3

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 4

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    • 5

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

    • 6

      ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

    • 7

      インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

    • 8

      『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

    • 9

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 10

      サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 3

      「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

    • 4

      元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

    • 5

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

    • 6

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

    • 7

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 8

      GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

    • 9

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 10

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ラスベガスになれない「成金」マカオ