Newsweek

Q.サカマキ

Instagramフォトグラファーズ

放火事件を起こし火刑に処された少女「お七」と、死者への供養というテーマ

2019年06月06日(木)20時25分

    千代田の代表作の1つ、「八百屋のお七」はまさにその例だ。たまたま人形館で出会った人形が、江戸時代、恋人に会いたい一心で放火事件を起こし、火刑に処された16歳の少女お七の人形だったのである。

    お七に魅かれ、彼女の物語を扱った井原西鶴の書を読む。だが、より感動を覚えたのはお七の死後、彼女のためにほぼ生涯をかけて巡礼した恋人、吉三だった。その行為に「大切な人に残される」とはどういうことかを考え、その感覚に共感し始めたのである。悲しみがテーマなのだ。

    実際、千代田自身、2001年からはアルツハイマー病になった母の介護をし、2009年から2015年の間に続けて両親と大切な友人たちの死を経験している。それらに触れ、千代田は「過酷な運命、私たちの非力さ、いつかは誰でも迎える避けられない死、判っていてもどうしても折り合えない気持ちとの葛藤、そうしたものを今までになく考えるようになっていた」と言う。

    また、2011年の東日本大震災は、2万人近い犠牲者(行方不明者を含む)を出しただけでなく、残された人々も多く存在する。あの震災もまた、彼女の作品作りに大きな影響を与えたのだという。

    「八百屋のお七」をさまざまな形で洞察したことは、「弔うとは何か」を彼女自身に問うことにもなった。とりわけ、母親の死を通して――。それがここ最近のプロジェクトである「Starting a New Journey」の主題だ。

    「死者への供養とはなんだろうか......人は生きている時は他人であるが、亡くなった途端、他者という実体はなくなり、自分の記憶の中に存在するものとなる。いわば、死者は記憶というかたちで自分の一部になるのではないか。もし、それが折り合いのつかないものであっても、死者に対する思いというのは、自分との葛藤であり、その葛藤を抱えて生きて行くことが弔うということなのではないか」

    ダークな感覚が漂う。だが千代田は続けて、そのステートメントをこう締めくくっている。

    「そう自覚した時、母との記憶を抱えて生きるというより、むしろ自分に同化されたような感覚があった。そして、不思議な孤独感を感じた。それはこれまでにないもので、悲しくもあったが、新たな旅を始める前のような高揚感にも似ていた」

    作品の底流には、悲しみと弔いの向こうに永遠の愛の確認があるのかもしれない。


    今回紹介したInstagramフォトグラファー:
    Michiko Chiyoda @michiko_chiyoda

    プロフィール

    プロフィール

    Q.サカマキ

    写真家/ジャーナリスト。
    1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
    インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
    http://www.qsakamaki.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:進撃のYahoo!

    本誌 最新号

    特集:進撃のYahoo!

    メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

    2019年12月17日号  12/10発売

    人気ランキング

    • 1

      インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

    • 2

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

    • 3

      トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの1人に

    • 4

      白人夫婦の中華料理店、「クリーン」を売りにしたら…

    • 5

      自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子…

    • 6

      東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

    • 7

      筋肉だけでなく、スピード・反射神経も高める「囚人…

    • 8

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 9

      フィンランド、34歳女性首相に託されたリベラルを救…

    • 10

      これがフィンランドの新内閣 34歳サンナ・マリーン首…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

    • 3

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 4

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    • 5

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

    • 6

      ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

    • 7

      インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

    • 8

      『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

    • 9

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 10

      サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 3

      「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

    • 4

      元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

    • 5

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

    • 6

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

    • 7

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 8

      GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

    • 9

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 10

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ラスベガスになれない「成金」マカオ