Newsweek

Q.サカマキ

Instagramフォトグラファーズ

「ジプシー」「チマチョゴリ」 ここはセビリア、異文化が融合した街

2019年07月04日(木)11時30分

    トロのこの「歩く」シリーズには、ユーモアもしばしば見られる。例えば3枚目のクリーニングされたばかりであろうスーツを運んでいる写真(上)は、人物が隠れ、スーツそのものが生き物のように見える。一方、はっきりと見えているキッチュなスニーカーのデザインは非常に今風で、伝統と歴史のある街との大きなコントラストを生み出しており効果的だ。

    作品のバックグラウンド(背景)もまた、さまざまな要素をはらんでいる。すでに述べたようにランドマーク的な場面は含んでいないが、南欧のキリスト教文化、あるいは北アフリカのマグレブ地方(モロッコ、チュニジア、アルジェリア、モーリタニア、リビア)によく見られる濃いパステル系の色合いやアラベスク模様が、しばしば壁に描かれている。

    ヒリヒリとして焼けつくような刺激性はないが、アンダルシア地方では日常的であろう心地よい暑さが伝わってくるような感じだ。これらの全ては、トロ自身が生まれた時からごく自然に吸収し感じ取ってきた光景、あるいは感覚なのである。

    事実、トロはこう語った。

    「私の写真に大きな影響を与えたのは、セビリアの街そのものだ。街は私の情緒面にも大きくつながっている。歩く人々の作品は、ある種、自分のセルフポートレート。彼らを通して、私は自分の生活を再び見つめ直すことができる」

    今回紹介したInstagramフォトグラファー:
    Jose Toro @josetoro.0

    cover0709.jpg
    ※7月9日号(7月2日発売)は「CIAに学ぶビジネス交渉術」特集。CIA工作員の武器である人心掌握術を活用して仕事を成功させる7つの秘訣とは? 他に、国別ビジネス攻略ガイド、ビジネス交渉に使える英語表現事例集も。


    プロフィール

    プロフィール

    Q.サカマキ

    写真家/ジャーナリスト。
    1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
    インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
    http://www.qsakamaki.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:コロナ特効薬を探せ

    本誌 最新号

    特集:コロナ特効薬を探せ

    新型コロナウイルスとの闘いを終わらせる治療薬とワクチン開発の最前線をルポ

    2020年5月26日号  5/19発売

    人気ランキング

    • 1

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 6

      新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

    • 9

      新型バイクにまたがるドイツ警官が立ち向かう相手は?

    • 10

      中国人も日本メディアを見ています

    • 1

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

    • 2

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

    • 5

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 6

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 7

      韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

    • 8

      反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

    • 9

      ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで…

    • 10

      「新型ウイルスは実験室で生まれた可能性もある」と…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    • 7

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 8

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 9

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 10

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩