Newsweek

Q.サカマキ

Instagramフォトグラファーズ

「ジプシー」「チマチョゴリ」 ここはセビリア、異文化が融合した街

2019年07月04日(木)11時30分

    トロのこの「歩く」シリーズには、ユーモアもしばしば見られる。例えば3枚目のクリーニングされたばかりであろうスーツを運んでいる写真(上)は、人物が隠れ、スーツそのものが生き物のように見える。一方、はっきりと見えているキッチュなスニーカーのデザインは非常に今風で、伝統と歴史のある街との大きなコントラストを生み出しており効果的だ。

    作品のバックグラウンド(背景)もまた、さまざまな要素をはらんでいる。すでに述べたようにランドマーク的な場面は含んでいないが、南欧のキリスト教文化、あるいは北アフリカのマグレブ地方(モロッコ、チュニジア、アルジェリア、モーリタニア、リビア)によく見られる濃いパステル系の色合いやアラベスク模様が、しばしば壁に描かれている。

    ヒリヒリとして焼けつくような刺激性はないが、アンダルシア地方では日常的であろう心地よい暑さが伝わってくるような感じだ。これらの全ては、トロ自身が生まれた時からごく自然に吸収し感じ取ってきた光景、あるいは感覚なのである。

    事実、トロはこう語った。

    「私の写真に大きな影響を与えたのは、セビリアの街そのものだ。街は私の情緒面にも大きくつながっている。歩く人々の作品は、ある種、自分のセルフポートレート。彼らを通して、私は自分の生活を再び見つめ直すことができる」

    今回紹介したInstagramフォトグラファー:
    Jose Toro @josetoro.0

    cover0709.jpg
    ※7月9日号(7月2日発売)は「CIAに学ぶビジネス交渉術」特集。CIA工作員の武器である人心掌握術を活用して仕事を成功させる7つの秘訣とは? 他に、国別ビジネス攻略ガイド、ビジネス交渉に使える英語表現事例集も。


    プロフィール

    プロフィール

    Q.サカマキ

    写真家/ジャーナリスト。
    1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
    インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
    http://www.qsakamaki.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:AI vs. 癌

    本誌 最新号

    特集:AI vs. 癌

    ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

    2019年10月22日号  10/16発売

    人気ランキング

    • 1

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 2

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

    • 3

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 4

      ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

    • 5

      自宅でのネコの態度で分かる! 飼い主との生物の種…

    • 6

      日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

    • 7

      ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

    • 8

      米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

    • 9

      トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

    • 10

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 1

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 2

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

    • 3

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 4

      日本に巣食う「嫌韓」の正体

    • 5

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

    • 6

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

    • 7

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 8

      「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

    • 9

      北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

    • 10

      日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 3

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

    • 6

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 7

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 8

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

    • 9

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 10

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調