Newsweek

Q.サカマキ

Instagramフォトグラファーズ

「アカウントは2回消した、それでも飽きない」本職はビル管理人のフォトグラファーは言う

2019年12月16日(月)16時45分
    「アカウントは2回消した、それでも飽きない」本職はビル管理人のフォトグラファーは言う

    From Clay Benskin @clay_benskin

    <現在のストリートフォトグラフィーを代表する1人、ニューヨークのブロンクスで生まれ育ったクレイ・ベンスキン。candidに重きを置く彼が語るストリートで撮ることの魅力>

    今回紹介するInstagramフォトグラファーは、ニューヨークのブロンクスで生まれ育ったクレイ・ベンスキン。現在もブロンクスに住み、本職はビルの管理人である。しかしながら、インスタグラムが世に出て以降のストリートフォトグラフィーを代表する1人といっていい。

    本格的に写真――彼によれば、写真ではなく、ストリートフォトグラフィーであるが――を始めたのも、インスタグラムの登場とほぼ同じ時期の2012年頃からだ。友人に感化され、ストリートフォトグラフィーに興味を抱き、その後、インターネットの記事を通して、むさぼるように独学で習得していったという。

    ベンスキンのストリートフォトグラフィーはしばしば多くのユーモアを含むが、その写真要素の中で彼が最も重きを置いているのはcandid(キャンディッド)だ。可能なかぎり、目の前にあるシーンをあるがままに写真に収めることである。基本的に被写体は人物。ストリートでどこまで気付かれずにその被写体に近づけるかが1つのポイントとなり、それにある種エクスタシー的感覚を感じるらしい。

    ただ、candid、つまり、いかに人物被写体に近づけるかに撮影の力点を置き、印象的な写真を生み出しているのはベンスキンだけでない。他にも数多くのそうしたストリートフォトグラファーがいる。なぜなら、被写体との緊張をはらむギリギリの距離感、あるいは極めて自然な距離感は、ストリートフォトグラフィーに限らず、フォトジャーナリズム、フォトドキュメンタリーの王道の1つになっているからである。

    実のところ、ベンスキンのストリートフォトグラフィーの魅力の秘密は、直接的な写真のテクニックやセンスではない。それは彼の人生哲学と、旺盛な好奇心から来ていると言えるだろう。前者は「誰もが物語を持っている」という哲学だ。後者は、被写体である人物に対する「Watching Skill - 観察能力」である。

    プロフィール

    プロフィール

    Q.サカマキ

    写真家/ジャーナリスト。
    1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
    インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
    http://www.qsakamaki.com

    本誌紹介

    特集:BTSが変えた世界

    本誌 最新号

    特集:BTSが変えた世界

    常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

    2020年12月 1日号  11/25発売

    人気ランキング

    • 1

      プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

    • 2

      次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

    • 3

      「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

    • 4

      中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

    • 5

      熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

    • 6

      スタートした政権移行作業、トランプはどうして認め…

    • 7

      ビルボード1位獲得のBTS──ダイナマイトな快進撃の舞…

    • 8

      グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

    • 9

      オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

    • 10

      麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

    • 1

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

    • 2

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 3

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

    • 4

      【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

    • 5

      プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

    • 6

      次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

    • 7

      やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

    • 8

      大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

    • 9

      11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

    • 10

      中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

    • 1

      アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

    • 2

      半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

    • 3

      アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

    • 4

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

    • 5

      アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

    • 6

      事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

    • 7

      世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

    • 8

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 9

      トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

    • 10

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「自粛」が可視化した東京の現実