Newsweek

サム・ポトリッキオ

Surviving The Trump Era

移民はまとめて「聖域都市」へ、トランプの奇策に問題点

2019年05月18日(土)13時40分

    ただしトランプ政権が本当に計画を実行できたとしても、不法移民対策として大きな効果を生むことはないだろう。

    トランプは不法移民の移送が聖域都市の負担になり、住民たちが最終的にはトランプの移民対策を支持するようになると考えている。だが17年に米保健福祉省が実施した調査では、この10年でかかったコストを差し引いても、不法移民は630億ドル以上の税収をもたらしていることが分かった。

    実際、聖域管轄区域を宣言した市長や州知事の多くがトランプの案を歓迎している。移民を強制的に移住させることで、自らの地区に経済的な恩恵がもたらされるからだ。

    トランプ政権が最終的に取りそうな対応として最も可能性が高いのは、移民申請に手数料を課すことを提案する大統領覚書を発することで、移民の数を制限するというものだろう。しかしアメリカの移民裁判所は手続きが遅いことで知られているから、トランプの策が大きな成果を上げるとは考えにくい。

    大口はたたくが、効果はあまりない――トランプ政権のそんな特徴が、この問題でも存分に発揮されている。

    <本誌2019年05月21日号掲載>

    20190521cover-200.jpg
    ※5月21日号(5月14日発売)は「米中衝突の核心企業:ファーウェイの正体」特集。軍出身者が作り上げた世界最強の5G通信企業ファーウェイ・テクノロジーズ(華為技術)。アメリカが支配する情報網は中国に乗っ取られるのか。各国が5Gで「中国製造」を拒否できない本当の理由とは――。米中貿易戦争の分析と合わせてお読みください。


    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
    気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
    ウイークデーの朝にお届けします。
    ご登録(無料)はこちらから=>>

    プロフィール

    プロフィール

    サム・ポトリッキオ

    Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      水深3200メートル、クジラの死骸に群がる深海魚、撮影される

    • 2

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 3

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 4

      「白馬にまたがる金正恩」写真に潜む目的と予告

    • 5

      ウィリアム王子とキャサリン妃がパキスタン訪問、「…

    • 6

      「見せしめ判決」でカタルーニャの怒り再燃、バルセ…

    • 7

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    • 8

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 9

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

    • 10

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 3

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 4

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

    • 5

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

    • 6

      交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

    • 7

      韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

    • 8

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 9

      性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家…

    • 10

      日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 3

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

    • 6

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 7

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 8

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 9

      繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

    • 10

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調