Newsweek

サム・ポトリッキオ

Surviving The Trump Era

ニューヨーク・タイムズに告ぐ、もう候補者推薦を止めよ

2020年01月29日(水)12時15分
    ニューヨーク・タイムズに告ぐ、もう候補者推薦を止めよ

    ニューヨーク・タイムズは女性候補2人への支持を表明したが…… IVAN ALVARADOーREUTERS

    <読者のために良かれと思い160年も続けている習慣だがトランプ時代にはそぐわない>

    新聞は建前上、現実の公正な媒介者であり、読者が客観的な情報を得られるように特定の価値判断や意見の偏りを排除した報道を行うことになっている。

    だがニューヨーク・タイムズ(NYT)紙は1月19日、160年前から続く慣例にのっとり旗色を鮮明にした。米大統領選の民主党候補として、エリザベス・ウォーレン、エイミー・クロブシャー両上院議員を支持すると表明したのだ。

    これでも新聞は公平な媒介者なのか。特定候補への支持を明言しておきながら、日頃のニュース報道は客観的だと、どうして言えるのか。

    代表的な新聞側の自己弁護は、社説などの論説部門とニュース部門は完全に分離されているというものだ。公共政策を報道する場合には、(ニュース部門の客観的な事実報道をゆがめない範囲で)実際には何が望ましいかを提言または議論する論説部門が必要だと、彼らは口をそろえる。新聞にはまた、読者が複雑な世界を理解し、自分の意見を持つ手助けをするという役割もある。特定候補の推薦も、この役割の一部だ。

    だが、反エリート主義のポピュリズムが優勢な今の時代には、権威あるメディアの推薦は逆効果になりかねない。16年大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントンは歴史上、新聞やニュース雑誌から最も支持された候補者だった。高級紙や雑誌の実に97%から支持を集めていた。NYTは民主党の「選挙マシン」かだが、大統領選では勝てなかった。

    それどころか、新聞の推薦はヒラリーの足を引っ張ったとも言われている。マスメディアは反トランプの陰謀に加担しているという主張に根拠を与え、メディアの批判に対するトランプの防御力を強化する結果になったからだ。

    この傾向はトランプの大統領就任後、さらに強まっている。ナイト財団の中立的な研究によると、共和党支持者の90%はメディアを信用していない。メディアは「正しい」行動を促すために推薦状を出しているのに、皮肉な話だ。推薦状は今や、彼らが大統領と敵対関係にある証拠と見なされている。

    これも皮肉な話だが、トランプが悪行の告発から逃げおおせる可能性が高いのも、一部には伝統的な新聞の推薦のせいでもある。新聞がトランプのさまざまなレベルの犯罪行為を客観的に報道しても、トランプ支持者からは偏向メディアの作り話として一蹴されてしまう。メディア側はよかれと思ってやっている。

    プロフィール

    プロフィール

    サム・ポトリッキオ

    Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    本誌 最新号

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

    2020年6月 2日号  5/26発売

    人気ランキング

    • 1

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 2

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 3

      デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

    • 4

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 5

      コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

    • 6

      韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

    • 7

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 8

      ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

    • 9

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 10

      ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

    • 1

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

    • 3

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 4

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 5

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

    • 6

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 7

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 8

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 9

      ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

    • 10

      東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 7

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 8

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 9

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 10

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩