Newsweek

サム・ポトリッキオ

Surviving The Trump Era

ブティジェッジは米史上最もデータを駆使する「天才政治家」

2020年02月12日(水)16時45分

    アイオワ州党員集会に向けた選挙戦でも、データを徹底的に活用した。アイオワ州の民主党党員集会に参加する有権者は、最初に支持を表明した候補者が自分の地区で15%未満の支持しか得られなければ、支持表明をやり直す仕組みになっている。

    最初の支持表明の段階でバーニー・サンダース上院議員に大きく水をあけられていたピートが最終的にトップに躍り出たのは、巧みな戦略により幅広い層の有権者にアピールし、1回目で15%取れなそうな候補者の支持層に「2番目に好ましい候補者」と思ってもらえたからだ。卓越したデータ活用力のおかげで、最年少候補者がベテラン政治家のサンダースらを退けることができたのである。

    「データの天才」がこのまま快進撃を続けて、民主党大統領候補の座を手にするのか。それとも、民主党員たちは、小さな都市の市長を務めたにすぎず、まだ30代と若く、同性愛者であることを公表している人物をトランプ大統領への挑戦者として指名することに尻込みし始めるのか。

    これから60日間、民主党候補者指名レースから目が離せない。ピートがデータでどのような成果を上げるか楽しみだ。

    <2020年2月18日号掲載>

    20200218issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    2020年2月18日号(2月12日発売)は「新型肺炎:どこまで広がるのか」特集。「起きるべくして起きた」被害拡大を防ぐための「処方箋」は? 悲劇を繰り返す中国共産党、厳戒態勢下にある北京の現状、漢方・ワクチンという「対策」......総力レポート。

    プロフィール

    プロフィール

    サム・ポトリッキオ

    Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:Black Lives Matter

    本誌 最新号

    特集:Black Lives Matter

    今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

    2020年7月 7日号  6/30発売

    人気ランキング

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 3

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まっていた

    • 4

      韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

    • 5

      コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

    • 6

      「大した問題でもないのにやり過ぎ」北朝鮮幹部、金…

    • 7

      急速に勢いを失いつつあるトランプ、大統領選の潮目…

    • 8

      海王星の「ダイヤモンドの雨」を新たな手法で解析

    • 9

      山本太郎の胸のうち「少なくとも自分は、小池さんに…

    • 10

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 1

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 2

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 3

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

    • 4

      BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

    • 5

      米南部の感染爆発は変異株の仕業?

    • 6

      韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

    • 7

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

    • 8

      米中スパコン戦争が過熱する中、「富岳」の世界一が…

    • 9

      韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

    • 10

      スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、…

    • 1

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 2

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 3

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持表明、鍵握る麻生副総理

    • 4

      自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

    • 5

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

    • 6

      宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

    • 7

      「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

    • 8

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 9

      傲慢な中国は世界の嫌われ者

    • 10

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場