Newsweek

サム・ポトリッキオ

Surviving The Trump Era

新型コロナを予言?米政府「的中シナリオ」が占う大統領選

2020年03月24日(火)16時00分
    新型コロナを予言?米政府「的中シナリオ」が占う大統領選

    千載一遇の「チャンス」を逃したトランプ JONATHAN ERNSTーREUTERS

    <リークされた米保健当局の想定演習が現実に。混乱するアメリカ社会で国民が求めるリーダーは誰か>

    米政府は2019年1〜8月に、ある演習を実施した。「クリムゾン・コンテイジョン」というコードネームで呼ばれたこの演習は、中国で発生した新型呼吸器系ウイルスが航空機の乗客によって世界中に瞬時に拡散されるという、恐ろしいシナリオだった。

    「アメリカではシカゴで最初に感染者が確認され、その47日後にWHO(世界保健機関)がパンデミック(世界的大流行)を宣言した。だが、対応は遅過ぎた。米国内の感染者は1億1100万人に上ると予測され、770万人が入院し、58万6000人が死亡するとみられた」

    米保健福祉省は、今月リークされたその演習の報告書で、治療法がないウイルスと生死を懸けて闘うには、連邦政府は資金も準備も調整も「不十分」であることが分かったとしていた。演習は学校の休校をめぐって連邦政府と地方の足並みがそろわず、ウイルスとの闘いに必要な医療設備も十分に用意できないことを露呈した。

    このシナリオが今、ほぼ現実のものになっている。アメリカの街は不気味なほど静かで、学校は休校になり、バーやレストランは営業を停止した。国民は有能な政府がいかに重要であるかを痛感している。

    トランプ米大統領は、多くの前任者にない「チャンス」を手にしていた。パンデミックに真正面から立ち向かえば、大きく株を上げられたはずだ。ところが彼は危機の深刻さを見くびり、国を苦境に追い込んだ。

    アメリカと韓国は、いずれも国内初の新型コロナウイルス感染者を1月20日頃に確認した。韓国では既に感染拡大のピークが過ぎたが、アメリカは危機への備えを始めたばかり。韓国に先見の明があったというより、アメリカに能力が欠けている。

    危機は人の本質をあぶり出す。いまアメリカが目の当たりにしているのは、大統領の器の小ささだ。3月6日に米疾病対策センター(CDC)を訪れたトランプは、選挙運動用のキャップをかぶっていた。ウイルスの犠牲者が多いワシントン州の知事を「ヘビ野郎」と呼び、ウイルス検査について「必要な人は誰でも受けられる」と嘘を言った。第2次大戦以降で最大の危機より、自分の再選を気にしていた。

    1カ月ほど前のトランプは、楽に再選を果たせそうだった。民主党の対抗馬はリベラル過ぎるという懸念が党内にもあるバーニー・サンダースになりそうだったし、株式市場は好調で、失業率は50年ぶりの低水準だった。

    プロフィール

    プロフィール

    サム・ポトリッキオ

    Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:Black Lives Matter

    本誌 最新号

    特集:Black Lives Matter

    今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

    2020年7月 7日号  6/30発売

    人気ランキング

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 3

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まっていた

    • 4

      韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

    • 5

      コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

    • 6

      「大した問題でもないのにやり過ぎ」北朝鮮幹部、金…

    • 7

      急速に勢いを失いつつあるトランプ、大統領選の潮目…

    • 8

      海王星の「ダイヤモンドの雨」を新たな手法で解析

    • 9

      山本太郎の胸のうち「少なくとも自分は、小池さんに…

    • 10

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 1

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 2

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 3

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

    • 4

      BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

    • 5

      米南部の感染爆発は変異株の仕業?

    • 6

      韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

    • 7

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

    • 8

      米中スパコン戦争が過熱する中、「富岳」の世界一が…

    • 9

      スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、…

    • 10

      韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

    • 1

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 2

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 3

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持表明、鍵握る麻生副総理

    • 4

      自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

    • 5

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

    • 6

      宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

    • 7

      「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

    • 8

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 9

      傲慢な中国は世界の嫌われ者

    • 10

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場