Newsweek

サム・ポトリッキオ

Surviving The Trump Era

大統領就任まで1週間、バイデンを待つ 3つの歴史的難題

2021年01月13日(水)16時30分

    しかしバイデンはコロナ禍を、より長期的な課題に対処する好機として利用するかもしれない。例えば、将来の感染症流行を防ぐ手段として気候変動対策に取り組むだろう。

    10万人規模の公衆衛生対策部隊を設立するとも語っているが、この施策は雇用も刺激する。医療制度の拡充にも乗り出すはずだ。

    大統領就任後の100日間は、「ハネムーン」の期間としてお手柔らかに見られるのが通例だ。しかし今の逼迫した社会状況の中で、バイデンにそんな贅沢は許されない。もしコロナ対策が評価されれば、他の政策を追求する余裕ができるかもしれないが。

    2.経済とグローバル化

    大学教員たちの間では、こんな会話が繰り返されている。「どうしてトランプが7400万票も取れたんだ? 米史上最も腐敗した無能な大統領に投票したのは誰なんだ?」

    客観的に見れば、その答えは単純だろう。彼らの正体は、エリートへの反感、グローバル化への恐怖、左派の提唱する大きな政府や増税、移民受け入れや脱炭素に対する強烈な反発などに突き動かされた人々だ。バイデンは大恐慌以来で最悪の経済危機に直面するが、同時にトランプ大統領誕生の土壌となったポピュリズムの時代にも直面する。

    持てる者と持たざる者の分断を、コロナは加速し拡大させただけにすぎない。バイデンは、民主党が1875年以来で最小の過半数を占めることになった下院を引き継ぐことになる。

    つまり、どんな展開が待ち受けるのか? バイデンは経済政策の立案者に、名声と経験を備えるだけでなく共和党穏健派や金融界からも敬意を集める人物を選んだ。コロナのせいで今後の経済対策には協力と妥協が欠かせず、激戦州選出の議員たちは経済で失敗したら自らの議員生命が絶たれることを自覚している。

    バイデンとナンシー・ペロシ下院議長、ミッチ・マコネル上院院内総務の3者は、長年に及ぶ大統領と上下院の党を超えたハイレベルの合意形成の歴史を背負っている。次期財務長官に指名されたジャネット・イエレンと連邦準備理事会(FRB)議長ジェローム・パウエルの政権チームは財政支出や量的緩和を臆さず実施し、一方で共和党穏健派議員らはバイデン政権との取引に応じるだろう。

    極端に抑制された需要のエネルギーは今後、個人消費と金融市場で爆発するだろうが、どちらも上流中産階級の多大な可処分所得と膨れ上がった貯蓄に依存する。

    バイデン政権に大きな試練が訪れるのは、中間選挙への動きが本格化する1年半後だ。政権発足直後から襲われる経済的惨状に対処するまでは、バイデンは格差と分断への対策(増税や公共支出など)に着手できないだろう。

    3.台頭する中国への対処

    大国間競争の時代が再来したことは疑いようもない。古代ギリシャの歴史家トゥキュディデスの言葉どおり、既に超大国が存在するところに台頭するライバルが現れれば、紛争が起こるのが運命というもの。歴史を振り返れば、こうした不安定な共存状態下では大抵、軍事衝突が起こった。バイデンがまずコロナ対策に全力を傾けるのは間違いないが、彼の熟練の外交チームは手広く外交を展開するだろう。中国の台頭に目を光らせることは、共和党との連携を図る最大の手段になる。

    プロフィール

    プロフィール

    サム・ポトリッキオ

    Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

    本誌紹介

    特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

    本誌 最新号

    特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

    コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

    2021年4月20日号  4/13発売

    人気ランキング

    • 1

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

    • 2

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

    • 3

      エヴァと私の26年

    • 4

      仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

    • 5

      ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

    • 6

      東芝 車谷社長の何が悪いのか?

    • 7

      ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

    • 8

      新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

    • 9

      半数がワクチン接種済みのミシガン州も、変異ウイル…

    • 10

      ドイツで、世界初のスマホでできる新型コロナ感染テ…

    • 1

      青色の天然着色料が発見される

    • 2

      緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

    • 3

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

    • 4

      ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

    • 5

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

    • 6

      ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

    • 7

      日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

    • 8

      「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

    • 9

      「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

    • 10

      女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

    • 1

      太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

    • 2

      観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

    • 3

      国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

    • 4

      「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

    • 5

      EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

    • 6

      30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

    • 7

      孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

    • 8

      ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

    • 9

      カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

    • 10

      硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】アフリカの小国ジブチに注がれる熱視線