Newsweek

武田砂鉄

ニュースの延長戦

ますます許容されていく「監視」への違和感

2016年08月18日(木)18時45分
    ますます許容されていく「監視」への違和感

    David Moir-REUTERS

    <相模原市の障害者施設で起きた殺傷事件をきっかけに、措置入院患者の監視強化を求める風潮が高まっていることに違和感を覚える。権力側が「監視」を拡大することに私たちは無頓着すぎるのではないか>(写真はスコットランド・エジンバラ市内の監視モニター)

    プロフィール

    プロフィール

    武田砂鉄

    <Twitter:@takedasatetsu>
    1982年生まれ。ライター。大学卒業後、出版社の書籍編集を経てフリーに。「cakes」「CINRA.NET」「SPA!」等多数の媒体で連載を持つ。その他、雑誌・ウェブ媒体への寄稿も多数。著書『紋切型社会 言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社)で第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。新著に『芸能人寛容論:テレビの中のわだかまり』(青弓社刊)。(公式サイト:http://www.t-satetsu.com/

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:パックンのお笑い国際情勢入門

    本誌 最新号

    特集:パックンのお笑い国際情勢入門

    世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

    ※次号は8/20(火)発売となります。

    2019年8月20日号  8/ 6発売

    人気ランキング

    • 1

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 2

      世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

    • 3

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 4

      世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

    • 5

      「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

    • 6

      世界が知る「香港」は終わった

    • 7

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 8

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

    • 9

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 10

      9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

    • 1

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 2

      韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

    • 3

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 4

      日本の重要性を見失った韓国

    • 5

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 6

      世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

    • 7

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

    • 8

      犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

    • 9

      世界が知る「香港」は終わった

    • 10

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 3

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 4

      日本の重要性を見失った韓国

    • 5

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 6

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 7

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 8

      韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

    • 9

      「韓国の反論は誤解だらけ」

    • 10

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】北米コロラド川の水と命が枯れる