Newsweek

風刺画で読み解く「超大国」の現実

Superpower Satire

中国政府の外国浸透作戦には要注意(李小牧)

2018年03月08日(木)17時00分
    中国政府の外国浸透作戦には要注意(李小牧)

    かわいいパンダも時に人を襲うことがある (c)2018 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

    <100万人を超える日本在留の中国人を通じて、中国政府が宣伝戦を仕掛けて来るかもしれない。パンダ外交を見ればわかる通り、見た目にだまされてはいけない>

    以前のコラムで「中国人はお人よしだ」と書いたが、ちょっと訂正させてほしい。中国人はお人よしだ。でも彼らを代表する中国政府がそうとは限らない。

    プロフィール

    プロフィール

    風刺画で読み解く「超大国」の現実

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:間違いだらけのAI論

    本誌 最新号

    特集:間違いだらけのAI論

    AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

    2018年12月18日号  12/11発売

    人気ランキング

    • 1

      「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

    • 2

      中国の世界制覇を阻止するために日本がやるべきこと――Huawei事件を巡って

    • 3

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 4

      「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

    • 5

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

    • 6

      【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

    • 7

      世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

    • 8

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 9

      5歳にして3カ国語操る子供──マルチリンガルだらけ、…

    • 10

      アメリカの34%の河川で塩分濃度が上昇していた

    • 1

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 2

      【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 5

      「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

    • 6

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 7

      中国当局がひた隠すスラム街の存在

    • 8

      宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

    • 9

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 10

      華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク…

    • 1

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 2

      「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

    • 5

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 6

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    • 7

      カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

    • 8

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 9

      世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

    • 10

      「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい