Newsweek

風刺画で読み解く中国の現実

Superpower Satire (CHINA)

中国のホームレス大先生(流浪大師)が人気爆発の不思議

2019年04月12日(金)17時20分
    中国のホームレス大先生(流浪大師)が人気爆発の不思議

    (c) 2019 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

    <投稿動画のアクセスで荒稼ぎする中国ブロガーたちは、儲かるなら良いも悪いも関係ない>

    10年ほど上海でホームレス生活をしていた沈巍(シェン・ウエイ)は、自分がスーパースターになるとは夢にも思わなかった。沈は一時的に身を寄せる場所で、ほぼ毎日100人を超える人々に囲まれ取材・撮影された。ほとんどが「快手(Kwai)」と「抖音(TikTok)」のブロガーだ。どちらも中国産動画アプリで、スマホさえあれば誰でも簡単にミニ動画で日常の面白い瞬間を記録し投稿できる。

    その便利さと面白さはもちろん、投稿動画にアクセスを集めることができれば、広告収入を期待できることが一番の魅力。このようにネットでお金を稼ぐ方法を中国語で「賺流量」(トラフィックを稼ぐ)と呼ぶ。トラフィックを稼ぐことはお金を稼ぐこと。トラフィックが大きいほど収入も増える。稼ぎたいブロガーは沈の所に殺到した。沈は一番売れっ子の「流量明星」(トラフィックを稼げるスター)だからだ。

    学生時代から読書好きな沈は、ホームレスをしながら毎日の読書習慣も続けている。古典も現代文学も読む沈の言葉遣いはなかなか秀逸で、イメージは普通のホームレスと全く違う。その意外さが人々の興味を呼び起こし、動画に沈の姿さえあれば必ずアクセス数が増え、トラフィックを保証する。

    「流浪大師(ホームレス大先生)と一緒に本を読もう!」
    「流浪大師(ホームレス大先生)と結婚したい!」

    沈の機嫌を取るため、みな彼を「流浪大師」と呼ぶ。他人より目立つような動画が投稿できれば、トラフィックも増えるからブロガーはみな必死だ。中には沈の人生を捏造した人もいる。全ては金儲けのため。毎日ブロガーたちに囲まれていた沈は普通の生活ができなくなり、仕方なく姿を隠した。

    快手と抖音の登録ユーザーはどちらも1億人以上。誰でもブロガーになれ、ブロガーになったら誰でもトラフィックとお金を稼ぎたい。沈巍が隠れたのなら、次の沈巍を探し出せばいい。儲けられれば誰でも「大先生」と呼んでいい。「大先生」どころか、お父さんと呼んでも構わない......。

    鄧小平の「黒猫でも白猫でもネズミを捕る猫がいい猫」と同じように、良い悪いを問わず儲けられればいい――これこそ今の中国の価値観、これこそ今の中国の不思議なのだ。

    【ポイント】
    流浪大師 我要嫁給你!

    ホームレス大先生、あなたと結婚したい!

    沈巍
    元上海市統計局の公務員。52歳。小さい頃、厳しい父親に趣味である歴史書の読書を許されず、自分でゴミ拾いして得た金で本を買うように。大学で統計学を学び就職したが、職場でも節約意識からゴミ拾いを続けたため、精神に問題があると退職に追い込まれる。02年に住んでいた家から追い出され、ホームレスに。

    <本誌2019年04月16日号掲載>

    20190416cover-200.jpg

    ※4月16日号(4月9日発売)は「世界が見た『令和』」特集。新たな日本の針路を、世界はこう予測する。令和ニッポンに寄せられる期待と不安は――。寄稿:キャロル・グラック(コロンビア大学教授)、パックン(芸人)、ミンシン・ペイ(在米中国人学者)、ピーター・タスカ(評論家)、グレン・カール(元CIA工作員)。

    プロフィール

    プロフィール

    ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)

    <辣椒(ラージャオ、王立銘)>
    風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

    <唐辛子、タン・シンツ>
    作家・コラムニスト。中国湖南省長沙市生まれ。大型ホテルで総経理を務めたのち、98年から日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、日本に暮らす中国人女性の視点で日本の生活や教育、文化を批評・紹介している。

    <このコラムの過去の記事一覧はこちら>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:プラスチック・クライシス

    本誌 最新号

    特集:プラスチック・クライシス

    便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

    2019年11月26日号  11/19発売

    人気ランキング

    • 1

      香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている

    • 2

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

    • 3

      米中貿易協議は既に破綻しかけている

    • 4

      余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

    • 5

      香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

    • 6

      北京、動くか 香港デモ

    • 7

      香港の若者が一歩も退かない本当の理由

    • 8

      日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

    • 9

      深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

    • 10

      「陰」のナショナリズムが流行る時──250年の歴史の中で

    • 1

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 2

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

    • 3

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

    • 4

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    • 5

      日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

    • 6

      文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

    • 7

      香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

    • 8

      「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

    • 9

      香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

    • 10

      中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

    • 1

      マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

    • 2

      「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

    • 3

      意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

    • 4

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 5

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 6

      「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

    • 7

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

    • 8

      中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

    • 9

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    • 10

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】不世出のスター写真家リチャード・アヴェドンを見つめ続けた16年