Newsweek

風刺画で読み解く中国の現実

Superpower Satire (CHINA)

新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはもういない

2020年01月23日(木)19時10分
    新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはもういない

    China's Missing Investigative Journalists / ©2020 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

    <17年前の中国メディアはSARSについて大きく報じたが、習近平政権下で当時の新聞記者は囚人になるか、転職するか、「党の代弁者」になった>

    昨年末、中国・湖北省武漢市で原因不明の肺炎患者を多数確認という情報がネットに出た。2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)の再来か? 「新浪微博」にある武漢市政府の公式アカウントに問い合わせが殺到したが、ノーコメントだった上、問い合わせフォームを閉じてしまった。

    プロフィール

    プロフィール

    ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

    <辣椒(ラージャオ、王立銘)>
    風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

    <トウガラシ>
    中国出身、作家、コラムニスト。ホテル管理、国際貿易などの仕事を務めたのち、98年に日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、個人的な視点で日本の生活や教育、文化を批判、紹介している。

    <このコラムの過去の記事一覧はこちら>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

    • 3

      クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、厚労省を告発

    • 4

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

    • 5

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 6

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 7

      今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア…

    • 8

      新型コロナウイルス、クルーズ船の悲劇はまだ終わっ…

    • 9

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 10

      誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」…

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

    • 3

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

    • 4

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 5

      中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

    • 6

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 7

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 8

      今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」…

    • 9

      「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

    • 10

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 3

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 4

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 5

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 6

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 7

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 8

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 9

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    • 10

      「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】流血と破壊に蹂躙される現代の暗黒郷アマゾン