Newsweek

風刺画で読み解く中国の現実

Superpower Satire (CHINA)

「世界は中国に感謝すべき!」中国が振りかざす謎の中国式論理

2020年03月17日(火)18時00分
    「世界は中国に感謝すべき!」中国が振りかざす謎の中国式論理

    A Logic With Chinese Characteristics / (c) 2020 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

    <新型ウイルスの感染拡大は中国政府の不作為によって引き起こされた人災にも関わらず、世界に対して謝罪するどころか感謝を要求しはじめた>

    「新型コロナウイルスで世界は中国に感謝すべき!」

    ある作家が書き、新華社通信がシェアしたこの記事のタイトルを見た時、目を疑った。何かの間違いでは? 武漢から始まったこのウイルスに世界の人々が苦しめられ、各国の感染者数も増える一方なのに?

    今回の新型肺炎は昨年12月1日に武漢で最初の患者が出たとされているが、ほぼ1カ月半の間、中国政府は武漢市民や国民に病気の存在をごまかしていた。明らかに政府の不作為によって世界に大きな迷惑をかけたのに、謝罪しないどころか「世界は中国に感謝すべき」と半ば公言している。どういう論理なのか? 

    これは典型的な中国式論理だ。外国人でも中国通なら一度はこの論理に遭遇したことがあるはず。「コロナウイルスの感染源はまだ不明である。確かに中国で感染が爆発したが、感染源は中国とは確認されていない。だから、中国は一番の被害者だ! しかもウイルスの拡散を防ぐため、中国政府は多くの国民を閉じ込める都市封鎖をやった。世界を救うために巨大な犠牲に耐えた。だから世界は中国に感謝すべきだ」――。

    あきれ返ってものが言えない。確かに普通の中国人、特に武漢市民は最もひどい被害者だが、今回の肺炎は中国の硬直化した官僚組織と権力者の無能によって引き起こされた人災としか言えない。不作為の権力者は被害を受けた世界の人々にまず謝罪すべきだろう。

    しかし、中国式論理に基づき中国の権力者は誰にも謝罪しない。10年間に及んだ文化大革命を振り返れば分かる。あれほどの冤罪と死者が出たのに、今でも政府からの謝罪はない。謝罪どころか、最新版の歴史教科書は文化大革命の記述から「錯誤(過ち)」を削除し、社会主義を目指すための「困難な探索と建設の成果」と言い換えた。

    中国のネット上には「中国政府には過ちや失敗なんか一度もない! いつも勝利から勝利へ」という皮肉な投稿もある。勝利以外の選択肢がないという体質こそ独裁者の本質だ。独裁者はいつも勝利を求め、人々はその勝利の恩徳に感謝すべきだと要求する。彼らこそ人類社会にとって最も危険なウイルスではないか?

    【ポイント】
    快点起来说谢谢中国!
    さっさと起きて、中国よありがとう、と言いなさい!

    最新版の歴史教科書
    2018年1月、中学2年生向け歴史教科書から「文化大革命の10年」という項目が削除され、「困難な探索と建設の成果」として新設されたことが発覚。「毛沢東は資本主義が復活する危険があると認識を誤り」という表現も「資本主義が復活すると認識し」に改められた。

    <本誌2020年3月24日号掲載>

    20200324issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    2020年3月24日号(3月17日発売)は「観光業の呪い」特集。世界的な新型コロナ禍で浮き彫りになった、過度なインバウンド依存が地元にもたらすリスクとは? ほかに地下鉄サリン25年のルポ(森達也)、新型コロナ各国情勢など。

    プロフィール

    プロフィール

    ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

    <辣椒(ラージャオ、王立銘)>
    風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

    <トウガラシ>
    中国出身、作家、コラムニスト。ホテル管理、国際貿易などの仕事を務めたのち、98年に日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、個人的な視点で日本の生活や教育、文化を批判、紹介している。

    <このコラムの過去の記事一覧はこちら>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

      • 1

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 2

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

      • 3

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

      • 4

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

      • 5

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 6

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

      • 7

        東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

      • 8

        英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

      • 9

        ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

      • 10

        新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

      • 1

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 2

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 3

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

      • 4

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

      • 5

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 6

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 7

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

      • 8

        ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

      • 9

        自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

      • 10

        宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場