Newsweek

風刺画で読み解く中国の現実

Superpower Satire (CHINA)

「ウイルス逆輸入」のレッテル──中国人留学生に祖国は総スカン

2020年03月30日(月)14時20分
    「ウイルス逆輸入」のレッテル──中国人留学生に祖国は総スカン

    ©2020 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

    <新型コロナウイルスの感染者が爆発的に増加するヨーロッパから「安全地帯」を求めて逃れてきたにもかかわらず、祖国の同胞からは猛批判を浴びる羽目に>

    「中国以外は8万7182例。逆転した! 」

    これは人民日報の3月16日のSNS「微信(WeChat)」への投稿。新型コロナウイルスの中国以外の感染者数が初めて中国を超えたことを勝ち誇っているようだ。

    3月に入って、勝ち誇ることは中国メディアの主旋律となった。世界のどこも危ないが、中国だけは安全──。中国政府の勝利宣言は、国外に住む中国人の帰国ラッシュを招いた。特にヨーロッパから「脱出」する中国人留学生が多く、3月中旬の北京や上海の空港は連日大混雑になった。

    これにはさすがの中国政府も驚いた。ウイルス逆輸入の懸念だ。帰国するなと呼び掛けつつ、既に帰国した人々を14日間の強制隔離に。これがさまざまなトラブルを引き起こした。水道の水が飲めない、ミネラルウオーターもない、病院で検査を受けたが十数時間も待たされた、食べ物もない......。

    帰国者たちはこの待遇にネットで助けを求めたが、かえって中国国内から「ここは中国、命令に従って余計な要求をやめろ」と非難を浴びた。さらに帰国者の中に感染例が確認され、ますます国内の怒りを買った。ある中国メディアによる「祖国建設你不在、万里投毒你最快(祖国を建設するときにはいないのに、遠く離れた場所から毒を投じるときには一番早く帰る)」という差別的な批判もネット上でシェアされた。

    今回、最も差別されているのは国外に暮らす中国人だろう。ただ、子供の頃からしっかり愛国教育を受けた中国人留学生たちは「離岸愛国主義」だと言われる。彼らは外国へ留学しても現地の人々とほとんど交流しない。中国の SNSだけを使い、中国のニュースしか見ない。豊かな物質生活と人権尊重の自由社会を享受しながら、中国式の愛国的価値観を持つ人々だ。

    彼らのほとんどは富裕層出身で、その豊かな生活スタイルは一般中国人の不満を買いやすい。帰国後に隔離された際のさまざまな要求が非難されたのはこのためだ。中国式価値観を持ちつつ豊かな生活を求める国外の中国人たち──そんな彼らが「安全地帯」を求めて祖国に帰る。そして、帰ったとたん同胞から批判される。何とも皮肉なことだ。

    【ポイント】
    疫情过后中国或成大赢家
    「新型肺炎が終われば中国は大勝利者になるだろう」。中国株が大暴落した2016年、中国官製メディアが負け惜しみ的に掲げた「中国或成最大赢家(中国は最大の勝利者になるだろう)」という記事タイトルがネットユーザーの間で流行。それ以来、世界を相手に不利な状況に追い込まれた中国政府を揶揄するスラングとして使われている。

    <2020年4月7日号掲載>

    cover200407-02.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    2020年4月7日号(3月31日発売)は「コロナ危機後の世界経済」特集。パンデミックで激変する世界経済/識者7人が予想するパンデミック後の世界/「医療崩壊」欧州の教訓など。新型コロナウイルス関連記事を多数掲載。

    プロフィール

    プロフィール

    ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

    <辣椒(ラージャオ、王立銘)>
    風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

    <トウガラシ>
    中国出身、作家、コラムニスト。ホテル管理、国際貿易などの仕事を務めたのち、98年に日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、個人的な視点で日本の生活や教育、文化を批判、紹介している。

    <このコラムの過去の記事一覧はこちら>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

      • 1

        コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

      • 2

        中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

      • 3

        【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスクとの向き合い方

      • 4

        抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

      • 5

        アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

      • 6

        南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

      • 7

        K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

      • 8

        学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

      • 9

        奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

      • 10

        再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

      • 1

        コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

      • 2

        中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

      • 3

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 4

        中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

      • 5

        中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

      • 6

        韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

      • 7

        宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

      • 8

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

      • 9

        アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

      • 10

        戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る