Newsweek

パックンの風刺画コラム

Superpower Satire (USA)

新型コロナ対策でも「真実」を見ようとしないトランプ(パックン)

2020年03月12日(木)10時15分
    新型コロナ対策でも「真実」を見ようとしないトランプ(パックン)

    ©2020 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

    <感染対策には真実を認める知性と指導力が必要なはずだが......>

    イラン中部のコム市では毎日、大勢の巡礼者がイスラム教シーア派の聖人を祭る廟の壁を手や唇で触れたりしてお参りをする。ウイルスの接触感染のお手本と言えそうな行為だ。でもコムを中心に新型コロナウイルスの感染が拡大した後も、イラン政府は巡礼を止めなかった。

    また、政府は2月28日に国内の死亡者を34人と発表したが、BBCが病院へ電話取材したところ本当は210人を超えていた。ハサン・ロウハニ大統領は「神のおぼしめしで、ウイルスを乗り切れるだろう」と神頼みのようだが、コムのシーア派指導者も対策の指揮を執る保健省次官も副大統領も感染している。

    疾病対策に必要なのは信仰と宗教ではなく、真実と指導力だろう。

    韓国の例も参考にしよう。新天地イエス教会では信者が密集して礼拝を行うが、神様に失礼だという理由からマスク着用は禁止。国内の感染拡大が発覚したら、政府は情報公開とウイルス検査の徹底、つまり真実と指導力で対抗している。正解だと思われるが、残念ながら、感染の震源地である大邱市の感染症対策担当者も感染した。その人も新天地の信者だ。

    アメリカでは疾病対策センター(CDC)が、流行するかどうかではなく「いつ流行するかの問題だ」とする一方、「コロナウイルスはとても制御されている」し「奇跡のように、ウイルスは消える」と信じている人がいる。この熱い信仰心を示したのは、新興宗教でも宗教国家でもなく、世界のリーダー(であるはずの)ドナルド・トランプ大統領。はい、大学で演説を頼まれた際に聖書の読み方を間違えたあのトランプ大統領だ。

    彼は、感染者が60人を超えるのに15人だとか、暖かくなればウイルスは死ぬとか、コロナウイルスは民主党のデマだとか真実にそぐわない主張をしている。風刺画でも「警告を出す必要はない(No Need For Alarm)」と言っている。

    その上、2018年に国家安全保障会議(NSC)の疾病対策チームを解散させ、CDCの世界疾病予防の予算を8割も削減したトランプは指導力も問われる。そこで、彼がコロナウイルス対策担当に選んだのはマイク・ペンス副大統領だ。

    敬虔なキリスト教徒であるペンスはインディアナ州知事時代、エイズがはやるなか注射針の無料配布を提案されたとき「家に帰って神に祈る」として、流行に拍車を掛けたといわれる。だが、今回は違う! 指名されてすぐ現地に駆け付けた! それも感染者がいないフロリダ州へ、政治資金パーティーへ出席しに! 政治家のこの「病気」もはやっているのかな?

    【ポイント】
    MY DOCTOR SAYS I'M PERFECTLY HEALTHY!
    私はすこぶる健康だと主治医は言っている。

    <本誌2020年3月17日号掲載>

    20200317issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    2020年3月17日号(3月10日発売)は「感染症VS人類」特集。ペスト、スペイン風邪、エボラ出血熱......。「見えない敵」との戦いの歴史に学ぶ新型コロナウイルスへの対処法。世界は、日本は、いま何をすべきか。

    プロフィール

    プロフィール

    ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

    <パックン(パトリック・ハーラン)>
    1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

    パックン所属事務所公式サイト

    <このコラムの過去の記事一覧はこちら>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

      • 1

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 2

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

      • 3

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

      • 4

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

      • 5

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 6

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

      • 7

        東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

      • 8

        英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

      • 9

        ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

      • 10

        新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

      • 1

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 2

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 3

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

      • 4

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

      • 5

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 6

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 7

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

      • 8

        ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

      • 9

        自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

      • 10

        宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場