パックンの風刺画コラム

Superpower Satire (USA)

大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり(パックン)

2020年11月20日(金)18時00分

    The Greatest Damp Squib / (c) 2020 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

    <大統領の座と同時に議会上下両院を制して権力を固める......民主党が目指していたのはそんな「トリプルブルー」だったが、トランプ支持は驚くほどしぶとかった>

    プロフィール

    プロフィール

    ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

    <パックン(パトリック・ハーラン)>
    1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

    パックン所属事務所公式サイト

    <このコラムの過去の記事一覧はこちら>

    本誌紹介

    特集:世界があきれる東京五輪

    本誌 最新号

    特集:世界があきれる東京五輪

    国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
    「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

    2021年6月15日号  6/ 8発売

    人気ランキング

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

    • 3

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 4

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

    • 5

      「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

    • 6

      日本の大学教員だった父を突然、中国当局に拘束されて

    • 7

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

    • 8

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 9

      誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

    • 10

      ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

    • 1

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 2

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

    • 3

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 4

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 5

      ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

    • 6

      「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

    • 7

      山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

    • 8

      アマゾン従業員用のマインドフルネス設備「AmaZen」…

    • 9

      【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

    • 10

      水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

    • 1

      脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

    • 2

      脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

    • 3

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 4

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 5

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

    • 6

      東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

    • 7

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 8

      パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

    • 9

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

    • 10

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ゲイの夫夫が手にした父権の肖像