Newsweek

石平

中国深層ニュース

習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

2020年01月27日(月)11時37分
    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

    新型肺炎対策本部のトップを押し付けつけられた?李首相(右)と押し付けた?習主席(2018年3月、北京) Jason Lee-Reuters

    <新型肺炎の被害拡大を防ぐため、共産党政権は対策本部を急きょ設立した。だが、そのメンバー人事は予想外のものだった>

    1月25日、中国共産党政治局常務委員会は新型肺炎に関する対策会議を開いた。昨年12月8日に新型肺炎が武漢で発見されて拡散して以来、共産党最高指導部がようやく開いた最初の対策会議なので、その中身が当然注目された。

    プロフィール

    プロフィール

    石平

    (せき・へい)
    評論家。1962年、中国・四川省生まれ。北京大学哲学科卒。88年に留学のため来日後、天安門事件が発生。神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。07年末に日本国籍取得。『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP新書)で第23回山本七平賞受賞。主に中国政治・経済や日本外交について論じている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 2

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

    • 3

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 4

      新型コロナのワクチンはいつになったらできる?

    • 5

      韓国、Netflix急成長にタダ乗り議論で法改正 政府は…

    • 6

      オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

    • 7

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 8

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 9

      東京都、新型コロナウイルス新規感染111人 4日連続3…

    • 10

      「バイデン大統領」に備える投資家 ドル売りに米株保…

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 3

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

    • 4

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 5

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    • 6

      英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

    • 7

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

    • 8

      東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

    • 9

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 10

      韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 3

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

    • 4

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 5

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

    • 6

      自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

    • 7

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 8

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    • 9

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 10

      宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場