Newsweek

教育

18歳人口激減時代に、生き残れる大学の条件とは

冷泉彰彦

ハーレー不買運動を煽るトランプの危険な兆候

<欧州市場向け製品の国外生産を決めたハーレーダビッドソンに対する不買運動をけしか…

2018.08.14
トルコ

トルコ通貨リラ急落を招いた、トランプの関税引き上げ「攻撃」

グレン・カール

ギリシャが抱える構造的問題──経済危機の次は隣国との小競り合い

<国内経済・社会に蔓延する危機的状況とマケドニア・トルコとの小競り合いの行方は>…

2018.08.14
投資

急落トルコリラ「底値」見誤りさらに大損する投資家の心理

李小牧(り・こまき)

中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運命をたどる!?

<7月にフランスで「事故死」した中国大手航空会社・海南航空の王健会長。ナゾを解く…

2018.08.14
貿易戦争

「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げるアメリカの大豆農家

湯川鶴章

【書評】Life after Google──なぜGoogleの時代が終わるのか

<無敵に見えるGoogleの全盛期が終わる!?──話題の新著『ライフ・アフター・…

2018.08.10
シリーズ日本再発見

日本の炭鉱は「廃墟」「終わった産業」──とも限らない

2018.08.09
湯川鶴章

これが解決されればビジネスが変わる。最新AI研究トレンド7選

<なぜ「説明可能なAI」の研究が今もっともホットなのか、コピペができなくなるとど…

2018.08.08
イラン制裁

イラン制裁復活、トランプは世界12位の自動車生産国をつぶす

加谷珪一

過剰クレーム問題――本当の敵は社内にいる?

<過剰クレーマーによる被害が放置されてしまう所以、「顧客至上主義」の釈然としない…

2018.08.07
サム・ポトリッキオ

火花を散らすアメリカとイランの対立、因縁の歴史をおさらいしよう

<イラン制裁をめぐって対立が激化するが、なぜ関係がこじれたのかを実はアメリカ人は…

2018.08.04
河東哲夫

安倍3選後の日本の針路、長期政権は必ず腐敗する

<民主党政権への幻滅から生まれた異例の長期政権――官邸に群がる側近や官僚、トラン…

2018.08.04
「終活」新潮流

バーチャル世界で死後も永遠に生きる

冷泉彰彦

医学部入試における女性差別、改革は待ったなしの課題

<女子受験者への差別をすぐにやめさせるのは当然だが、さらに女性医師がキャリアを通…

2018.08.03
「終活」新潮流

死後に家族が困らない、デジタル遺産の管理・対策

イラン

イランの穏健派ロウハニ大統領、通貨暴落と米制裁再開で窮地

SNS

不祥事でも株価暴落でも......競合SNSのないフェイスブックはしぶとい

野口旭

世界が反緊縮を必要とする理由

<現在の世界経済を貫く経済政策上の基本的な対立軸は、もはや政治イデオロギーにおけ…

2018.08.01