Newsweek

経営

インドと日本の「非欧米型」イノベーションから学べること

2017年8月8日(火)19時17分
ニヒル・ラバル(デューク・コーポレート・エデュケーション・インド経営幹部) ※編集・企画:情報工場

    インド北部ジャイプルの街角。このような環境が「倹約イノベーション」を生む Radiokukka-iStock.

    <日本企業の「出向」システムから、現代インドの「2000ドル自動車」まで、欧米とは異なる形のイノベーションから得られる学び>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

    本誌 最新号

    特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

    日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

    ※次号は8/21(火)発売となります。

    2018年8月14日号  8/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

    • 2

      ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元戦闘員と悪夢の再会

    • 3

      「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

    • 4

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

    • 5

      亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

    • 6

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 7

      シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

    • 8

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 9

      死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

    • 10

      オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

    • 1

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

    • 2

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

    • 3

      亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

    • 4

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 5

      死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

    • 6

      「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

    • 7

      イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

    • 8

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 9

      「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

    • 10

      ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

    • 1

      アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

    • 2

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

    • 3

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 6

      インドの性犯罪者が野放しになる訳

    • 7

      怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

    • 8

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 9

      イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

    • 10

      実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい