Newsweek

ビジネス

通勤時のスマホ利用に最適な、「スマートストラップ」の魅力とは?

PR

2019年5月22日(水)12時00分
ニューズウィーク日本版広告制作チーム

    <バスや電車での通勤時に、スマートフォンで音楽を聴いたり語学の学習をしている人は多いだろう。その際に欠かせないイヤホンだが、既存の製品に不満がある方にオススメしたいのがこの「スマートストラップ」だ。>

    移動時にも安心して使えるストラップ型イヤホン。

    移動時にも安心して使えるストラップ型イヤホン。

     再び有線イヤホンに回帰する人もいるわけだが、それはそれで既存の製品は、絡まりがちな長いコードの始末が煩わしい。
     そこでお勧めしたいのが、「スマートストラップ」。イヤホンのコードがストラップの中に格納されているので、コードが絡まることはない。下部のプラグをスマートフォンの3.5mmヘッドフォンジャックに差し込むだけで使え、ペアリングは不要。もちろん音飛びや音ズレもない。

    「スマートストラップ」重量は約50g。

    「スマートストラップ」¥5,400。重量は約50g。ストラップの色は写真のブラックのほか、ネイビーがある。下部のバックルにスマホを装着するには、スマホ本体またはカバーにストラップホールが必要。

     また両側のストラップ部分のサイドはジッパーで開閉でき、イヤホンとして使用しない時にはイヤホンヘッドおよびコードを中に収納できるようになっている。片耳だけで使用する場合も、耳に装着していない側のヘッドをブラブラとさせておかずにすむので見た目にもスマート。着信ボタン付きマイクを備えているので、使用中に電話がかかってきた時もそのまま通話が可能だ。
     こうした使い勝手だけでなく、音質にこだわっている点もこのイヤホンの魅力だ。ヘッドには高磁力マグネットを採用したφ9mmドライバーを搭載し、振動板には厚さ0.6ミクロンのPET素材を採用。パワフルな低域感と繊細かつダイナミック感を兼ね備えたワイドレンジ対応の本格派パーツを使用している。

    ストラップはこのようにジッパーで開閉可能。

    ストラップはこのようにジッパーで開閉可能。中にヘッドとコードを収納して、純粋にスマホ用ストラップとして使うこともできる。

    ユーザー目線の商品開発で、音質と機能性を両立する。

     この製品を開発したスマートストラップ株式会社の松田康利代表は、通信会社各社のマーケティング・コンサルタントとして20年以上働いてきた経歴の持ち主。多くのスマートフォンを使用するなかで、「音を聴く」という手段がなかなか改善していかないことに不満を持ったことが開発のきっかけだったという。ユーザー目線から生まれた商品ならではの魅力がこのスマートストラップには詰まっているというわけだ。
     スマートフォンとイヤホンを一体化してしっかり身につけていられる安心感。スマホを片手にアクティブに活動するビジネスマンにとって心強い味方となってくれそうだ。

    お問い合わせ

    お問い合わせ=スマートストラップ
    https://smart-strap.com

    本誌紹介

    特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

    本誌 最新号

    特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

    新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

    2020年9月29日号  9/23発売

    人気ランキング

    • 1

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

    • 2

      核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃能力」を恐れる本当の理由

    • 3

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 4

      中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

    • 5

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 6

      ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

    • 7

      美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

    • 8

      インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

    • 9

      新型コロナ感染で、パーキンソン病のリスクが高まる…

    • 10

      韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 3

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 4

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 5

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

    • 6

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

    • 7

      どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

    • 8

      美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

    • 9

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

    • 10

      なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 3

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 4

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 5

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 6

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

    • 7

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 8

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    • 9

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 10

      太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と